一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虎バン 「使命」

いやはや…約1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
この1ヶ月の間で、タイガースは厳しい状況に追い込まれてしまいましたね。
特に9日~11日の、スワローズとの首位攻防3連戦に3連敗してからというもの、
チーム全体の雰囲気、選手たちの表情からも明るさが無くなってしまったような…。

確かに、今から『優勝だ!』と選手たちが団結していく光景は想像しにくいです。
ただ、可能性が0になるまで僕は諦めませんよ。まだ26試合も残っているんですから。
思えば今シーズンは、震災の影響で開幕が遅れ、プロ野球のある日常が
自分たちにとっていかに大切なものであったかを実感することから始まりました。
一投一打に自分の気持ちを乗せて大好きな選手に声援を送ることが、こんなに楽しく、
時には生きる活力にもなることを改めて気付かされた、あの頃の気持ちを忘れずに。
今はとにかく、目の前の1試合1試合を思いっきり楽しんでいきたいですね。
その積み重ねが最終的にどんな形になるのか。僕たちは応援しながら待つのみです。

さて、今回は9月17日に放送された虎バンのひーやん特集を書き起こしてみました。
逆境でこそ真価を発揮するベテランの凄みと、絶対にあきらめない不屈の精神。
虎バンが、独自の視点でひーやんの魅力を上手く引き出して見せてくれています。



桧山:「うーん…。もどかしいですね、はい」

かすむ、リーグ優勝。

桧山:「もう一度、一致団結してみんなで立ち上がっていくしかないです」

窮地に立たされようとも―。




首位・ヤクルトに3連敗。むかえた火曜(9月13日)、中日戦。
この日もリードを許していた。ベンチに漂う、重苦しい空気。

桧山:「もどかしいですね。優勝の望みがなくなったわけではないですけど、
とにかく自分たちの野球ができていないというのが、率直な気持ちで…」




2点を追う9回。1アウトから新井が出塁。続くマートン。
(併殺崩れで)試合終了は免れたものの、これで2アウト。
甲子園があきらめのムードに包まれようとしていた、その時。

桧山が、打席に立つ。




桧山:「まあなんせ、相手(岩瀬投手)は300セーブしたピッチャーなんで、
そうそう打てるもんじゃないなと自分では思って打席に立っているので、
多少開き直りみたいな部分はありますね」

マウンドには中日の守護神・岩瀬。その初球。

桧山:「初球スライダーを空振りした時点で、
ちょっと『しまった』という気持ちではいたんですけど、
しまったしまっただけでは、どうしてもまた次に進めないんで。『しまった』から、
次はどうしようということに対しての準備に早く切り替えられるほうが、
いい結果は出やすいと思います」

わずか2球で追い込まれる。しかし―。

桧山:「ランナーを溜めれば、何が起こるかわからないんで」

あくまで、勝利への糸口を探していた。
2ボール2ストライクからレフト前ヒット。どんな状況でも、あきらめない。

桧山:「勝負事の世界に生きてるんで、負けず嫌いじゃないかなと思います」




阪神で20年目のシーズンをむかえた今年。
苦しい戦いを強いられたのは、今が初めてではない。

桧山:「まあ今までのプロ野球人生が、結構波あり谷ありだったんで。
そういう意味では、逆境には強いほうじゃないかなと自分自身は思ってます」




チームが負けているときこそ真価を発揮する桧山。
逆境に活路を見出し、自らの力で扉を開いてきた。

桧山:「打てなかったら守りで盛り上げることもできますし、
走塁でもチームに貢献できますし、なんとでもなるんで。
僕なら、ベンチに座っていても色んなことで声をかけることも、
僕の仕事だとは思ってるんで。それを自分たちで考えて、いかに悪い時でも、
やれることを最大限にやっていくか、ということだと思います」

桧山:「ここで意気消沈してシュンとなってしまうと、
1年間の苦労が水の泡になってしまうんで、やっぱり最後まであきらめずに
やることが自分たちの使命だと思いますし」

残り31試合。桧山進次郎は、使命を貫く。


今回の虎動では、タイガース一筋20年のひーやんにしか見えない景色を、
ファンである僕たちが少しだけ見せてもらえたような、そんな気がして嬉しかったです。

今シーズン、ひーやんが代打で3割を超える打率を維持できている要因は、
技術的な進化に加えて、『最後まであきらめない』という気持ちと信念によるものが
大きいのかもしれませんね。13日の岩瀬投手からのレフト前ヒットもそうでしたが、
早い段階で2ストライクと追い込まれてから、ファールで粘って、ボールを見極め、
最終的に好結果につなげるというシーンが今年のひーやんには凄く多い気がします。
こういう姿は、1打席に集中力を注ぐ代打にかけてきたひーやんの真骨頂ですよね。

『もう一度、みんなで一致団結して立ち上がっていくしかない』
ひーやんの言う通り、ここで意気消沈してしまっては何のためのシーズンだったのか、
ということになってしまいます。現実的にはまず3位以内に入るという目標もありますし、
残りの試合でタイガースの底力を見せて欲しい。絶対に見せてくれると信じています。
結果がどうであれ、最後に2011年はいいシーズンだったと振り返られるように、
使命を貫こうと頑張るひーやんとタイガースを、精一杯応援していきたいですね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sjr24.blog47.fc2.com/tb.php/363-5a052910

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。