一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虎バン 「一人だけの空間」

交流戦も5カードを消化し、タイガースは明日から札幌でファイターズと2連戦。
ここまで36試合で14勝21敗1分けと苦しい戦いが続いていますが、
昨日仙台でアニキが放った起死回生の逆転2ランには勇気付けられましたよ。
お立ち台での久保ちゃんとのツーショットにはちょっとだけヒヤヒヤしましたが(笑)。

『打てない時はヒット狙いにいきがちだけど、逆に長打を狙ってやろうと』
昨日のヒーローインタビューでアニキが言っていたこの一言に、
僕はダイマイト打線復活への大きなヒントが隠されているような気がしてなりません。
バントや小技をからめて1点を取りに行く野球ももちろん大切ですけど、
今のタイガースのメンバーで、変に賢い野球をやろうとしなくてもいいと思うんですよね。
バントの失敗も、守備のほころびも、全てをカバーしてくれるのがホームランの魅力。
それを狙える選手が揃っているんですから、どんどん狙っていけばいいんです。

打席に入る時に球場のビジョンに表示される打率を見て、
ついスイングが小さくなってしまうのかもしれませんが、こういう時こそフルスイング!
それぞれのバッターが自分の役割を自覚して、持ち味をしっかりと見せていけば、
去年のような猛打がきっと復活します。根拠はありませんが、そんな気がしますw

で、ここからが今日の本題。28日に放送された虎バンの虎動のコーナーで、
ひーやんが特集されていたので、いつものように書き起こしておきますね。
今シーズン、好調を維持するひーやんの信念と、波の乗り切れないチームへの思い。
虎動では、力強い映像と独自の視点で、ひーやんの『今』に迫ってくれました。



桧山には、信念がある。

桧山:「打席には一人だけしかいないんで…」




2011年、つながらない打線。
20年、チームを誰よりも見てきた男は、静かに口を開いた。

桧山:「去年がね、みんな凄い成績を収めていたというのがあるので、
余計に(今の)成績以上に俺たちはできるというのもあるだろうし。
あんまり背伸びせずに、黙々と自分たちのことをやれればいいなと思いますし」

背伸びをせず、いつもの場所へ―。




今年1月、グアム。42歳をむかえるシーズンへ、桧山は動き出した。



2月、沖縄キャンプ。

桧山:「とにかく自分で、何にしても『これどうなのかな』と思うことがあれば、
どんどん取り入れていって、駄目ならちょっと違うなと思ってやめればいいし。
自分の中で、色んなことを目に入れて、感じたことを取り入れていきたいと」

今尚、自分に必要なことを、桧山は探している。




今月8日(横浜-阪神 ハードオフ新潟)。
この日まで9打席連続ノーヒットだった桧山は、試合中にブルペンを訪れた。

桧山:「福原がピッチング練習をしていて、あいつ今年調子がいいんで、
『こいつのボールを打つにはどうやったらええんかなぁ』と思いながら、
『今の福原を打てれば、まあそこそこのピッチャーは何とかなるやろ』
というくらいの気持ちで打席に入って、見させてもらってて。
ちょっとずつ微調整して、『あっ、今のタイミングの取り方いいな』
『真っ直ぐ、見えてるな』、『カーブ、大丈夫かな』みたいな。
ああ、いい感じになってきたなと思ったら、『桧山行くぞ!』って言われて、
で、立って三遊間かんかーんと打ったら、『あっ、いいやん』っていう」

ブルペンから、打席へとむかっていた。出番直前まで吸収しようとする姿勢。
妥協しない心で、自らを切り開いた。




今週の西武戦。8回、差はわずかに1点。あと1点を託された。
しかし、2球で追い込まれてしまう。

桧山:「打席には一人だけしかいないんで。
打席に立った選手が自分で克服するしかないんでね」




誰も助けてはくれない。打席では、ただ一人。
責任を負うその場所は、自分のやってきたことしか出ない。
「一人だけの空間」ですべきことを、桧山は知っている。


ひーやんにとって10打席ぶりのヒットだったベイスターズ戦のタイムリーには、
こんな裏があったんですね。好調な福原投手のボールをブルペンで確認しながら、
自分に合ったタイミングの取り方を見つけ、打席でしっかりと結果につなげる。
不調に陥っていても、こうして冷静な判断ができるひーやんは改めて凄いと思います。
『いいと思ったことは何でも取り入れて、違うと思ったらすぐにやめる』
これは、今年の自主トレの時からひーやんが度々口にしていたことですが、
野球に対する好奇心と貪欲な姿勢が衰えないからこそ出来るチャレンジですよね。

また、『打席には一人だけしかいない』という言葉からは、
ひーやんが、スタメンで試合に出続けていた頃とは全く違う代打特有の孤独さを、
強く意識していることが想像できます。これは新しい発見でした。
これからは、ひーやんが“いつもの場所”へ向かう時、今まで以上に大きな声援で
その背中を後押ししなきゃいけませんね。それが今、僕たちの出来ることだと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sjr24.blog47.fc2.com/tb.php/356-2d6dc283

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。