一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「次、また打てるように」

いつの間にやらタイガースが最下位に転落しておりますね…(笑)。

ブログをサボっている間も、もちろんタイガースの試合はチェックしていたんですが、
東京ドームでのクリーンアップ3連発で散々お祭り騒ぎをさせてもらった直後に、
ベイスターズにまさかの3連敗というジェットコースターぶりには戸惑いましたw
まあ、この時期に順位や対戦相手のことを考えても仕方ありませんけど、
でもやっぱり、試合には負けたくないし、これから勝てるように精一杯応援しましょう。
…と、このように妙に冷静でいられるのは、今年の僕の観戦成績が好調だからですw
ここまで6試合観戦して5勝1敗。今シーズンの9勝のうち5勝を現地で観ているという、
嬉しいのか悲しいのかよく分からない状況ではありますが^^;。

というわけで、今日はまず、29日の甲子園で撮った写真を少しだけ載せておきます。
この日は久しぶりのレフトで、林ちゃんのヒーローインタビューを見てまいりましたよ。
スワローズの10連勝を阻止したのはタイガース!実に爽快感のある試合でした。


球場に着いたら、こうして自分のユニ写真を撮るのが恒例行事になっています(笑)。

観戦勝率があまりよろしくないギザユニを着て行きましたが、この日は勝てました。
あと、僕の隣の席にいた外国人の方が『コノシャツ、メズラシイデスネ!』って、
ギザユニを褒めてくれましてw その後も何かあるごとに意味もなくハイタッチしたり、
一緒にジェット風船を飛ばしたり大盛り上がり。これが本場の野球の楽しみ方なのかと、
まるでメジャーリーグを見ている気分でしたよw またどこかで会えるといいなぁ。



夕日が綺麗だったので一枚撮ってみましたが、どうも写真がいまひとつですね。
僕は、夕方の甲子園が一番好きかもしれません。空の色が変わっていく様子って、
普段はあまり見ることがないじゃないですか。それが夕方の甲子園にいると、
試合よりも空を眺めていることが多かったりして。上手く言葉に表せないんですが、
非日常の特別な空間に身を置いている優越感みたいなものを感じます。

5月は、まだ観戦予定を立てられずにいるんですが、
交流戦ではあの黒ユニとシマシマソックスが再び見られるということなので、
ユニ好きとしては見逃すわけにはいきません。時期的にもひとつの山ですよね。
最近元気がない虎に活を入れるためにも、どんどん応援に行こうと思っていますよw

とにかく、明るい話題が少ない今シーズンのタイガース。
関西の各スポーツ紙では色々な形でネガティブキャンペーンが行われていますが、
こういう時こそ前向きに、頑張る選手たちをクローズアップして欲しいものです。
そういう意味で、ベイスターズに3連敗を喫した翌日のスポニチには感激いたしました。
連敗のショックを忘れさせてくれるいい記事だったので、ここで紹介しておきますね。



 神様、窮地を救って―。阪神が今季3度目のサヨナラ負けで08年8月以来の対横浜3連戦3連敗を喫し、5位に転落した。ただ、0-2から一時同点の流れを呼んだのは桧山進次郎外野手(41)の一打。7回2死三塁で左前へ代打タイムリーを放った。代打での通算打点は86となり、真弓明信(現監督)に並ぶ球団3位タイに。今季最多の借金3からの巻き返しには、この男の一振りが欠かせない。

 その名がコールされると、ハードオフ新潟のボルテージが上がった。大きな歓声を全身で浴びて、“代打の神様”が打席に向かう。初球、甘いストレートを見逃さず、桧山の体は自然に反応した。鋭い打球が左前で弾む。代走を送られベンチでナインとハイタッチをかわしても、表情は変わらない。サヨナラ敗戦で沈む虎の中で、神の一撃がキラリと光った。

 「真っすぐを狙っていたわけじゃないけど、“あっ”と思って素直にバットが出た。打ったことに関しては、素直に喜びたいけどね」

 43歳がつくったチャンスに、41歳が応えた。0-2で迎えた7回、先頭の金本が右前打で出塁。桧山は2死三塁で打席に入り、ゼロ行進を続ける打線にカツを入れた。4月12日の開幕戦で左前適時打を放って以来、9打席連続で無安打。4試合連続で三振もしたが、この日の打点で代打での通算打点を86とし、球団史上3位タイに。「監督を超えたい」とかねてから目標に掲げていた、真弓監督の現役時代の数字に並んだ。

 神様の出番はいつも、勝負を左右するシーンで訪れる。僅差、同点、そして延長…。勝利の女神を振り向かせるためにバットを握る男にとって、すべての打席に大きな責任がある。

 「見ている方は接戦だと楽しいだろうけど、やってる方は大変。接戦や延長戦になると勝てば勢いづくし、負ければ疲れだけが残る。負けると家に帰っても、放心状態になるからね」

 だからこそ、似たような境遇の救援陣の気持ちも理解している「(藤川)球児に加えて、投手陣に精神的な柱が増えるのはいいこと」と入団を歓迎していた小林宏が、前日(7日)にリリーフ失敗。この日は久保田がサヨナラ弾を浴びた。救援陣の悔しさを共有しながら、また巡ってくるチャンスを待つ。

 横浜に3連戦3連敗を喫するのは、08年8月15日~17日以来。「向こう(横浜)に勢いがあるといっても、それを止めていかないとね」と真弓監督はうめいた。借金も今季最多の3にふくらみ、5位に転落。それでも、桧山は前を向いて静かに気合を入れる。「次、また打てるように頑張ります」。苦境からの逆襲は、神様に任せよう。


シーズンが開幕してからこの一ヶ月間は、ひーやんにとっても試練の時でした。
開幕戦で放った今シーズン初打席初ヒット以来、9打席連続で無安打。
スタメンで常時試合に出ている選手なら、たったの2試合で終わってしまう9打席も、
代打でしか試合に出られない選手にとっては果てしなく長い期間なんですよね。

しかも、ひーやんのようなベテランの選手になると、
周囲の『空気』とも戦わなければいけません。例えば、空振りが増えてきただけで、
『目が衰えてきているのでは?』とか『速球についていけなくなっている』というように、
どんどんマイナスの方向に見られていきますからね。そして、それが積み重なって、
スタンドを埋めた大勢のファンが知らず知らずのうちに『空気』を作ってしまう。
今の兄貴に対してもそうですけど、声援の中にどこかファンの本音が入り混じっていて。
僕は、これから打席に向かう選手の背中を突き刺すような空気は、
なるべく作りたくないと思っていますが、これは一人の力ではどうにもなりません。
だからこそ、色んなものと戦うひーやんを応援したい。僕も負けないぞと思うわけです。

8日のひーやんのタイムリーを見て、そんなことを少し考えました。
長いトンネルをようやく抜け出したひーやんのこれからの活躍を楽しみにしつつ、
自分の中の応援する気持ちをもう一度確認してから、甲子園に通いつめようかと(笑)。
それと、ひーやんが打つと代打に関する球団記録が次から次へと掘り起こされてきて、
今更ですが楽しいですね。調べる人はさぞかし大変だろうなといつも思いますw

今、タイガースは特に打線が厳しい状態ですが、ひーやんのコメントにもあるように、
『次、また打てるように』一人ひとりが前を向いて頑張れば絶対大丈夫ですよ。
現状を嘆くよりも、次をどうするか。結果よりもその姿勢が求められている気がします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sjr24.blog47.fc2.com/tb.php/353-364eb768

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。