一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「桧山進次郎 壮行会2011」レポ(1)

1月28日、京都東急ホテルで開催された
『桧山進次郎 壮行会2011』というディナーショーに参加してきました。
僕は、ひーやんのオフイベントに参加するのはこれが初めてでして、
『充実したイベントになるといいなぁ』なんてぼんやりと思っていたんですが、
一言で言いますと、まさに夢心地でございました(笑)。

詳しい内容は、これからぼちぼちとレポしていきたいと思います。
取りあえずイベントの全体的な印象を申しますと、
ファンへのサービスが思っていた以上に良かったですね。
僕はチケットの購入が遅めだったこともあって、座席は後ろのほうだったんですが、
ステージに近づいてひーやんの写真を撮影できる時間が用意されていたり、
最後には、ひーやんと握手をさせていただく機会もありまして…。

思い切って参加してみて、本当に良かったです。一生の思い出になりました。
壮行会らしく、キャンプインを直前に控えたひーやんを、みんなで送り出せた感じで。
これまで以上に、ひーやんを応援しようという気持ちが強くなりましたよ^^。

それでは、実際に行われた流れに沿って、出来るだけ詳しくレポしていきます。
一応、会場でメモは取っていたんですが、ひーやんのトークの部分は、
さすがに一言一句というわけにはいかず(笑)。かなりいい加減です。あしからず。



まずはチケットから^^;。私服のひーやん、非常にかっこいいです。
こういう写真付きのチケットって、参加する前から気持ちが盛り上がりますよね。



イベント開始前の会場の様子はこんな感じです。
テーブルは4列用意されていました。一つのテーブルを約10人で囲みます。
広い会場でしたが、後ろからでもステージ上のひーやんはばっちり見えました。
写真には映っていませんが、この会場内に即席のフォーカスショップもありまして、
ひーやんのグッズをいくつか購入。グッズは、レポの最後にまとめて紹介しますね。

自分のテーブルにつき、ウーロン茶などを飲みながらイベントの開始を待っていると…


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

会場の照明が落ちると同時に生ひーやんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!
登場の瞬間は、やっぱり女性ファンの方々の歓声が凄かったです^^;。
ひーやんは、ステージに上がる前に各テーブルを歩いて回り、
ファンに話しかけたり、握手したりしていました。
僕はその様子を眺めつつ、どんどん近づいてくるひーやんにドキドキ。
ついに僕も、ひーやんと握手しちゃいました。緊張でガチガチに固まっちゃいましたがw

ひーやんがステージに上がると、ひーやんの高校時代のコーチも登場し、
ファンも立ち上がってグラスを取り全員で乾杯。いい雰囲気になってきました。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。


※画像はサンスポさんからお借りしました。

お次は、ファンによるひーやんの写真撮影会。
テーブルの列ごとに、ステージの真ん前でひーやんを自由に撮影できるという、
まさしく夢のような時間でした。僕の古い携帯カメラでもそこそこ撮れましたからね。
で、上の二つの写真は、カメラを構えるファンの方が直接リクエストしたポーズを、
きっちりとやり遂げるひーやんなのです(笑)。『ラブ注入』もやらされてました^^;。
こういったサービス精神はさすがでしたなぁ^^。

この後は、スポーツ新聞社のカメラマンの方々による撮影会も。
ちなみに、その時のニッカンの写真がこちらです。僕は映っていませんよ(笑)。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

撮影会が一通り終わった後はトークショーです。
司会は、スカパーの中継リポートでお馴染みの土井麻由実さんでした。
ステージ後方にあるスクリーンに映し出された、
自主トレ中のひーやんの写真を見ながらトークが進んでいきます。

土井:「さて、桧山さんは毎年グアムで自主トレをされていますよね。
具体的には、どういったことをされているんですか?」

桧山:「バッティングというか、振り込みはそんなにしてないんですよ。
走ることが中心ですね。やっぱり、野球選手というのは走るのが大事なので。
守るにしても、走塁にしても、走れなくなったら終わりかなというのは、
毎年考えながら練習していますね」

土井:「自主トレの中で、練習方法などで工夫されていることはありますか?」

桧山:「キャッチボールを左で投げてみたり、ということはしていますね。
最初は3mくらいしか投げられなかったんですけど(笑)。
普段の練習でも、ティーバッティングを右で軽く打ったりしています。
やっぱり、普段とは違う動きをしてみることで、
頭の中に眠っているものを呼び覚ますという効果もあると思うので。
城島は、打撃投手相手に左で打ったりしてますけどね。
それはやめとけと思うんですけど(笑)。打撃投手の肩も消耗品やからね」

土井:「グアムでは、違う種目のアスリートの方々ともご一緒されてますよね。
(レーサーの脇阪さんの画像がスクリーンに)この方は…」

桧山:「えーっと…誰やったっけ(笑)。(ここで場内爆笑)
あれ、ほんまに誰やったっけ(汗)。(場内更に爆笑w)
えっと、あっ、レーシングドライバーの脇阪君ね。
そうそう、違う種目の選手たちと一緒にやってて、皆でソフトボールしたりね。
日本人学校を訪問したりとか、そういう活動もさせてもらいました。
あと、柔道の野村忠宏君も新しく来て、現役辞めるかどうするか凄く悩んでて、
『どうするん?』って聞いたら『やっぱりトレーニングします』って。
ということは、続けるということやね。頑張って欲しいし、僕も刺激になります」

土井:「去年、桧山さんが二度打席に立たれた試合がありましたよね。
(8月25日の対広島。球団史上最多得点22を記録した試合)
一打席目がセンター前ヒット、二打席目がライトへのホームランでしたが、
その時の心境はどういったものだったんでしょうか?」

桧山:「一打席目は、いつもの代打と変わらなかったですけど、
二打席目は、いい具合に力の抜けた状態で打席に入れましたよ。
やっぱり、ベンチで準備していきなり打席に向かうのと、
試合の中で打席に向かうのとでは、気持ちの持っていき方が全然違うからね」

土井:「去年は、遠井吾郎さんの持つ代打安打の球団記録も塗り替えましたが、
そういった記録の面も含めて、今年の目標などをお願いします」

桧山:「遠井さんはね、背番号も同じ24番で、凄く縁を感じます。
もちろん、大先輩の記録を塗りかえたことは自分にとって自信になりますけど、
身が引き締まる思いというか、それに恥じない成績を残したいですね」


この後にファンからの質問コーナーも予定されていたため、
最初のトークコーナーは少し短めでこんな感じでした。

個人的には、ジョニキへのダメ出しがツボでしたね。
ひーやんって、本当に色んなところに目が行き届いているんだなと驚きましたよ。
裏方である打撃投手の肩への配慮は、ベテランらしい発想だと思いました。
また、8月25日のホームランに関するトークでは、
ひーやんのスタメン出場に対する意欲も感じとることができ、嬉しかったです。
あと、レーサーの脇阪さんのことは本当にド忘れしちゃってたみたいです(笑)。
トーク中のひーやんは終始笑顔で、会場は和やかな雰囲気に包まれておりました。

壮行会レポは、これから3回くらいに分けて更新していきますね。
次回は、質問コーナーやひーやんのお色直しの様子を紹介したいと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 23:42 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sjr24.blog47.fc2.com/tb.php/329-2956dfcf

TRACKBACK

もうすぐキャンプイン(桧山進次郎選手壮行会によせて)

今日は1月30日。 ついこないだ日本シリーズが劇的な千葉ロッテの優勝で幕を閉じたばかりのような気がするけど、もう明後日には12球団一斉にキャンプインなんよね。 早いなぁ キャンプインを前に、我が贔屓選手のひーやんこと桧山進次郎選手の壮行会が京都で開催され...

| 授業者日記 | 2011/01/30 21:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。