一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年の桧山進次郎

前のエントリーで、ひーやんのバッティングフォーム、
特にインパクトの瞬間が一番カッコいいと思うっていう話をしていたら、
古~いスクラップブックからこんな写真を発見しちゃいました↓


写真が汚くて申し訳ありません~。新聞ってなかなか綺麗に撮れないです(苦笑)。

えーっと、これは2004年(平成16年)7月19日の朝日新聞のスポーツ欄です^^;。
当時の僕は、スポーツ新聞というものを買う習慣がほとんど無かったんですよね~。
だからこうして、毎朝朝刊をチェックして気に入った記事だけスクラップしてました。

このひーやんの写真、カッコいいでしょ( ^ω^ )ニコニコ
ドラゴンズの野口茂樹投手から同点のソロホームランを打つ瞬間なんですが、
見てください、このフォームの美しさ!
ボールを捕えたバットと両腕、上半身のバランスの良さもさることながら、
左足の曲がり具合と、ぐっと踏み込んだ右足のバランスが絶妙だと思いません?

…あれ、ちょっとマニアック過ぎますかね(笑)。



これは、当時のセ・リーグ打撃10傑です。

既に現役を引退されている立浪さんと古田さんが、1位・2位なんですよね~。
確かに、この年の立浪さんには、阪神も散々苦い思いをさせられた記憶が…。
ヤクルトの青木選手、横浜の内川選手など、
現在では、首位打者争いの常連になっている選手の名前が無いところからも、
時代の流れを感じます。ウッズがまだ横浜にいるのも面白いですね。

で、ここからが本題(笑)。

ひーやんが、打率.335で4位につけているのですよ。
この頃は、『ひょっとしたら、ひーやんが首位打者に…』なんて妄想をしつつ、
毎日のようにこの打率ランキングを眺めながらニヤニヤしてたなぁ^^;。

2004年のひーやんは、主にアニキの後ろを打つ5番打者を任されていて、
最終的に打率.306 18本塁打 84打点と、生涯最高とも言える好成績を残しました。
チームは、残念ながら一度も優勝争いに絡むことなく終戦を迎えましたが、
ひーやんの活躍もあって、個人的には楽しいシーズンだった記憶があります。

ちなみにこの記事の最後は、ひーやんのこんなコメントで締められていました。

「背伸びをせずに、持っているものを普通に出すだけです」

う~ん、『背伸びをせずに』なんて、いかにもひーやんらしくていいですよね。
この頃の気持ちは、きっと今も変わってないんじゃないかな^^。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします^^。

| 過去の記憶 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sjr24.blog47.fc2.com/tb.php/311-424592ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。