一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

2011年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「生え抜き」読みました!

先日刊行された、ひーやんの著書『生え抜き タイガースから教わったこと』
を購入し読み終えました。発売の日を指折り数えて待っていた著書だっただけに
もう少しじっくり読みたかったんですが、一度読み始めると止まらなくなりまして(笑)。

タイガース一筋20年のプロ野球人生。成功と失敗を繰り返す中で得た教訓や心構えを
伝えようとするひーやんの言葉が、そのまま読者へのメッセージになっています。
紹介されるエピソードは、これまでにも雑誌やTV番組で取り上げられてきたものが多く、
新しい発見こそあまり無かったものの、“プロ野球選手・桧山進次郎”のバイブルとして、
非常に価値のある一冊だと感じました。個人的には、ひーやんのことをあまり知らない
プロ野球ファンの方にも読んでいただきたいなと。生え抜きが育たないと言わている
タイガースにも、こういう選手がちゃんといるんだということを知って欲しいと思いました。



まだ読み終えていないひーやんのファンの方も多数おられると思いますので、
詳しい内容の転載はしませんが、印象に残った言葉をいくつか抜粋して紹介しますね。

「ファンが熱狂的なのも、マスコミに大きく取り上げられるのも、プロとしては喜ぶべきことです。タイガースのユニフォームを着ている以上、受け入れるしかありません」

「どんなに負け続けても、『ほかのチームに入っていれば良かった』とか、『あのチームなら優勝できた』とは思いませんでした。『阪神タイガースで優勝したい』 それが私のプロ野球選手としての夢でした」

「『この壁を乗り越えたら、どんな人生が待っているんだろう』 そんなふうに考えると、毎日を楽しく過ごせます」

「私たちが頑張って優勝することで、日本中の阪神ファンの方が喜んでくださり、思わず『ありがとう』と言ってしまうほど幸せな気持ちになれるのなら、やはり私たちは優勝しなければいけないのだと、強くそう思います」

「日ごろからお世話になっているある方は、こうおっしゃいます。『何かに一生懸命に取り組んでいる自分を好きにならないといけない。お前は野球が好きなら、その野球をやっている自分を好きになりなさい』」


タイガースファンで良かった、ひーやんのファンで良かったと改めて感じる言葉から、
読む人の人生をちょっとだけ前向きにさせてくれるような言葉まで。プロ野球の世界で、
阪神タイガースというチームで、他の選手には出来ない経験をしてきた人の言葉の力。
また一冊、他人におすすめしたくなる本が増えました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

| 新聞記事・雑誌 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

和田豊新監督誕生

阪神タイガースの次期監督が、和田豊さんに決まりました。
…って、多くのタイガースファンの方にしてみれば何を今更という感じですよね(笑)。
真弓前監督の事実上の解任が決まってからというもの、次期監督候補の名前が
連日のようにスポーツ紙を賑わせていましたが、無事生え抜きの和田さんに決まって
個人的にはホッとしています。僕がタイガースファンになってから4人目の監督。
和田阪神がどんな野球を見せてくれるのか、今から楽しみです。全力で応援しますよ!



和田豊新監督が就任会見を行いました(阪神タイガース公式サイト)

就任会見での和田監督、緊張でガチガチでしたね(笑)。監督と打撃コーチでは、
責任の重さも注目のされ方も違いますから、それを肌で感じておられるんでしょう。
和田監督は、コーチ時代に『虎の意地』というブログを執筆されていたこともあって、
言葉の選び方が凄く丁寧ですよね。見たこと感じたことを分かりやすく伝えられる。
年齢も若く、現役として共に戦った経験のある選手たちもまだ残っていますから、
選手たちとのコミュニケーションという点に関しては、心配する必要はなさそうです。
そして、勝つ喜びと負ける悔しさ、その両方を味わったここ10年間のタイガースを、
コーチとしてずっと見てきたのが和田豊という男です。僕は、真弓さんの後任として
これ以上の人はいないと感じました。大きな期待を持って見守っていこうと思います。

それとこれは本当に個人的な理由ですが、やっぱりタイガースの監督は、
タイガース生え抜きの方にお願いしたいんですよね。外部から監督を招聘することも、
時には必要かもしれません。しかし、今のタイガースはチームとして過渡期にあります。
ここで、例えば日本ハムファイターズを退団した梨田さんに監督を任せてしまったら、
タイガースがタイガースである意味を見失ってしまうんじゃないかと…

僕が和田監督に期待しているのは、来年度のリーグ優勝、日本一ではありません。
和田さんがタイガースで培ってきたものを選手たちに伝え、実践していくことで、
一から阪神タイガースというチームを作っていって欲しいんです。
今年のタイガースのメンバーを見ると、投手陣には生え抜きの選手が揃っていますが、
野手のそれはトリくらいじゃないですか。ファンとして、あまりにも寂しい現実です。
もう一度、タイガースのDNAを再生させてもらいたい。勝って喜べるのはもちろん、
負けた時にファンが思いっきり悔しがれる、そういうタイガースを僕は待っています。

そういう意味で、来シーズンのひーやんがチームの中で果たすべき役割は、
かなり大きいんじゃないでしょうか。ひーやんは1992年から2001年までの10年間、
和田さんと現役生活を共にしています。暗黒時代と呼ばれた低迷期の中で、
ベテランとしてチームを引っ張った和田さんと、まだ若手だったひーやんの間には、
野球に取り組む姿勢や危機感の持ち方に、共通したものがあると思うんですよ。
ひーやんは以前、タイガースの若い選手たちに対して『暗黒時代に戻りつつある』と
警鐘を鳴らしたこともあります。地獄を味わった者にしか分からないであろうその感覚を、
タイガースの貴重な財産としてしっかり残していってもらいたいな、と。
代打の切り札として、また首脳陣と若い選手たちとの間に立つパイプ役として。
ひーやんの持つ『タイガースのDNA』は、必ず和田タイガースの力になるはずです。

それでは最後に、和田豊選手の引退セレモニーの動画をどうぞ。
これほどタイガースを、タイガースファンを愛してくれた人が監督になるんです。
僕たちが応援しないわけにはいかないでしょう!




人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。