一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“仕留める”打撃フォーム

プロ野球の開幕問題、色々とゴタゴタはありましたが、
結局セ・パ共に『4月12日開幕』という結論に落ち着きましたね。

個人的には、選手会側が頑なに『同時開幕』にこだわる理由がいまひとつ分からず、
結構モヤモヤが残っています。足並みを揃える=同時開幕、ではないと思うので。
各地で被災状況が違うわけですから、もう少し柔軟な思考があっても良かったかと。
もちろん、今回の件で飛び出した読売フロントの暴言の数々には憤りを覚えましたが、
選手会側の主張にも僕は説得力を感じなかったですし、要するにどっちもどっちでした。
NPBは、コミッショナーがきちっとした権限を持たないといけませんよね。

ちなみに日本サッカー協会(JFA)は、早々にJリーグの開幕延期を決め、
日本代表とJ選抜チームによるチャリティーマッチを大阪で開催、大成功を収めました。
これが、プロスポーツのあるべき姿ですよ。他競技のこういう光景を見ていると、
球団も選手もファンも、いつまで経っても一つになれないプロ野球の社会的役割って、
一体何なんだろうと考えてしまいます。正直、今はサッカーファンが羨ましいです。

…と、まあ、開幕問題に関する愚痴はこれくらいにしておいて。

タイガースはオープン戦を見事1位で終了。そこ、不吉な予感とか言わないように(笑)。
ひーやんも代打でヒットを連発し、オープン戦の打率は.667ですよ。
神がかりの神様!阪神・桧山、岩瀬撃ち!(SANSPO.COM)
↑昨日の練習試合でも中日の岩瀬投手からセンター前にタイムリーヒットを打ち、
オープン戦以降の実戦では9打数5安打の打率.556。うーん、映像で見たい!
開幕が遅れて調整が難しいとは思いますが、練習試合で実戦感覚を養いながら、
ひーやんにはこのままベストな状態で今シーズンの初打席に立ってもらいたいです。



で、今日は久々にひーやんのネタを見つけて参りました。
先日発売されたベースボールマガジン最新号の特集は、『打撃フォームの真髄』。
その中に、現役選手が連続写真で自身の打撃フォームを解説するコーナーがあり、
タイガースからはひーやんが選ばれていました。ここで紹介しますね。



◆1打席とは言わず「1球に集中する、仕留める」という感覚

 僕の今の役目は「代打」。1試合に1打席あるかないか分からない一方で、いざ打席に入るときは、勝負の分かれ目となる大切な場面が多い仕事ですね。そういう意味からすれば、レギュラーで1試合に常時3~4試合あったときとは、今はまったく違う野球をやっていると、僕は考えるようにしています。

 左の同じバッターボックスに入ること自体は、今も昔も変わりません。でも、精神的、技術的な面では、まったく代打って別世界なんです。むしろ、そう考えてやっていかないと、やってはいけない役目。代打は試合状況を見ながら、自分の出番の準備をするわけですけど、今、マウンドに立っている投手が、そのときの相手になるかどうかは分からない。ということは、違う投手もイメージして準備しておくことが大切なんです。

 そして、いい緊張感は好結果を生みますが、やはり「力み」は選手にとっては敵なんです。状況が状況だと、リラックスしようと思っても、どうしてもできないことも多々ある。これはもう仕方がないことですし、僕は06年からこの仕事をやっていますが、結局のところ、ベストの方法はいまだに分からないというのが正直な感想ですね。

◆ルーティンがなければムダにあわてる必要がない

 とはいえ、代打を始めた06年当初と、4年以上たった今とでは、かなり違う精神状態ではいますよ。昔は「1打席しかない」という思いが確かに強かったと思う。でも今は、1打席しかないということは、頭で考えなくても体が分かっていることですし、1打席とは言わず「1球に集中する、仕留める」という感覚のほうが強いかもしれません。

 その意味では、体の準備とともに、「心の準備」が必要なんです。打者は投手がボールを投げないと何もできないので、基本的には常に受け身の立場。でも、気持ちまで受け身になってしまうと、あっという間に2ストライクを取られて、気づいたら終わっていた……ということになりかねない。

 ということは、やはり1球目から積極的に狙っていくことが大事。そして忘れてはいけないのは、それと同等にボールを見逃せる冷静さも大事なんです。見逃せばボールだった球を、無理やり振りに行って失敗すれば、結局それが心の焦りにつながっていくものですから。

 また、同じ代打でも、「桧山行け!」と急に言われる場合もあれば、ネクスト(サークル)でじっくりと準備できて迎えられる場合もある。僕にとって準備できる時間が多ければ多いほどいいんですけど、ほとんどは「急な」場面のことが多い(苦笑)。なので今は、打席に向かうまでのルーティンも作りません。「自分のリズムで打席に入りたい」なんて考えたらもう終わりです。だから最初から「リズムもルーティンもない」と考えておけば、ムダにあわてる必要もなくなる。これも3、4打席立てていたときとは、まったく違う考え方ですね。

 そして、何より重要なのが「結果」です。結果さえ出ていれば、どんなに次の打席まで時間が空いても大丈夫。逆に結果が出ないときほど、苦しいものはありません。僕も昨季は、17打席(1四球含む)ノーヒットという時期がありました。期間にして1ヵ月以上……そうなるとやはり精神的にはかなりキツかった。僕自身だけじゃなくチームの雰囲気も悪くなるし、やはり結果を出して、自分自身にもチームにも安心感をもたらすことが一番だと思います。

 今季でプロ20年目。僕の役目は代打ですが、やはり選手でいるからには「打って、走って、守る」ことが野球なんです。だから、打撃だけでなく守備も走塁も手を抜かず全力でプレーします。




僕がひーやんのファンになったきっかけのひとつが、その美しい打撃フォームです。

スタメンで常時試合に出場していた時と、代打を務める現在とでは、
打席でのスタンスや構え方、バットの握りなどがかなり変化してきてはいるんですが、
美しいスイングそのものはずっと変わらないままなのが、僕としては嬉しいんですよね。
特にインパクトの瞬間は、まるでボールがバットに吸い込まれていくような…。
あらかじめ打つことが決まっていたみたいに、実に芸術的な体勢でボールを捕えます。
そして、その後のバットの振りぬき方も、ひーやんにしか出来ない独特な滑らかさ。

実は、このブログのタイトルロゴのシルエットは、ひーやんが、
センター方向へホームランを打った時にバットを振りぬいた姿をイメージしています。
ライト方向でもレフト方向でもなく、センター方向。密かな僕のこだわりなんですが、
未だにきちんと言葉で説明できたことがありません(笑)。

今回紹介した記事を読むと、ひーやんは打席に入るまでの準備や心構えという部分に、
自分なりの美学を持っていることが分かりますね。それらが出来上がるまでに、
数え切れないほどの試行錯誤があったことも…。ひーやんの打撃フォームが
多くのファンの目を惹きつけるのは、ただ単に見た目が美しいからというだけではなく、
数々の成功と失敗を繰り返してきた末に出来上がったものだからかもしれませんね。

開幕までまだ日数があり、タイガースの試合もなかなか見られない状況が続きますが、
僕はこの期間を、プロ野球選手の魅力を再確認する時間にしたいと思っています。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

| 新聞記事・雑誌 | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひーやんの使用済バッティンググローブ

いやはや…当選してしまいました。月刊タイガース2月号のプレゼント企画。

先月号はひーやんの特集だったので、読む用と保存用の2冊を購入しておりまして。
これまで、僕は月刊タイガースのプレゼントに応募したことが無かったんですが、
『2冊あるし、試しに応募してみるか』的な、軽い感覚でハガキを送ったら…。
なにせ、こういった懸賞の類には全く縁の無い人生を送ってきた自分なので、
実際に物が送られてきた時は、嬉しさよりも、驚きと動揺が遥かに大きかったですね。
これは夢じゃないかと、思わず自分のほっぺたをつねってしまいました(笑)。
ようやく落ち着きを取り戻し(?)、今、こうしてブログを書いている次第であります。



当選したのは、ひーやんの使用済バッティンググローブ。
封を開け、実際にバッティンググローブを手に取った時は、ただただ感動でした。
『このグローブでひーやんがバットを握っていたんだよなぁ…』
そんなことを考えていると、改めて喜びがじわりじわりと。ほんまに夢ちゃうよね(笑)。



実は僕、バッティンググローブというものに触れるのはこれが初めてでした。
手が震えて、まだよう触れませんがw 結構やわらかい素材で出来ているんですね。
ひーやんのグローブは、手首のベルトに刺繍されているSJRマークがカッコ良くて。
思わず自分の手に装着したくなりましたが、使用済ということでそこはじっと我慢^^;。



裏面はこんな感じです。使い込まれた感たっぷりの汚れがなんとも。
プロ野球選手が実際に使った用具は迫力あるなぁと。直筆サインも嬉しいです。



ひーやんの直筆サインをもう少しアップで。
この写真を撮っている間も、嬉しさのあまり自然と笑みがこぼれてきました(笑)。
壮行会のガチャガチャで当たったサイン入りの缶バッジといい、今回のグローブといい、
今年の運はもう使い果たしたと思っておいたほうが良さそうですw



月刊タイガースのプレゼントって、やっぱり結構な応募数なんでしょうか。
『自分に当選したということは、そもそも応募した人数が少なかったんじゃ…』
と、僕のような懸賞に縁の無かった人間はどうしても勘ぐってしまうのですが、
そんなことはさて置いて(笑)。このグローブは、僕の一生の宝物にしたいと思います。
練習や試合で使用した貴重なバッティンググローブを提供してくれたひーやんと、
抽選・発送してくださった月刊タイガース編集室の皆様、本当にありがとうございました。

これからもずっと、ひーやんを応援させていただきます。
月刊タイガースも定期購読とまではいきませんが、もう少し真剣に目を通しますね^^;。

******



18日に大阪で行われた、タイガース選手会による義援募金に協力してきました。
微力ではありますが、僕も募金という形で被災地の復興のお役に立てればと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| グッズ | 20:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタイリッシュに応援しよう!

10日、西武とのオープン戦を観に今年初めて甲子園に行ってきました。

やっぱり、甲子園で見る野球は格別ですね。…と、言いたいところだったんですが、
当日はとんでもない寒さで、風に震えながら9回を耐え抜いたという感じでした^^;。
おまけに平日のデーゲーム、それもオープン戦とくればスタンドも当然ガラガラ。
なんだか、甲子園とは全く別の球場にいるような感じがしましたね。
それはそれで貴重な体験でしたが、早くいつものシーズンが始まって欲しいなぁと。
というか、3月の中旬になってこの寒さは無いやろと思うんですが(笑)。

ちなみにひーやんは、9日の楽天戦ではDHでスタメン出場しセンター前ヒットを1本。
僕が観戦した10日の西武戦では、代打で出場しセカンドゴロ(片手w)に倒れました。
03年の優勝を共にした星野監督の前でヒットを打った9日の試合は、
ひーやんの中で特別な喜びがあったでしょうね。試合前にも言葉を交わしていました。
(ひーやんと星野監督に関するサンスポの記事はこちら



オープン戦の内容はさておき、10日に物色した虎グッズを少し紹介しますね。
まずは、タイガースのカジュアルブランド『イエルブラック』のフリーペーパー。
今年から新しく上本君と俊介がモデルに起用されました。2人共若々しいですね。
昨年から引き続き、ひーやんと林ちゃんも虎のイケメン集の一翼を担っていますw
特にひーやん、20歳近く年の離れた若手選手と並んでも違和感が無いんですが^^;。



フリーペーパーでは、モデルの4人が『普段のオシャレ』について、
インタビューを受けています。ひーやんの分をここで紹介しておきますね。

◆ピッチャーは細身やから、オシャレできてうらやましい…。

虎一筋20年―。ベテランといわれる年代だが、ハングリー精神は未だ衰え知らず。それが桧山進次郎という男だ。YELXBLKの選手モデルとしての存在感も、そんなところからきているのかもしれない。毎回、YELXBLKをさらりと着こなす桧山選手の普段のオシャレとは?

「普段着はシンプルで爽やかなデザインが好みですね。今回着たような大胆なデザイン(リアルシリーズ)もトライしてみようかな。」

―オシャレで困ったことはありますか?
「ピッチャーは細身やから、オシャレできて羨ましい…。買い物に行って気に入ったものがあってもサイズがないことが多いんですよ。でもこればかりは仕方ない。年間通して戦える体の方が大事ですしね。」

―では最後に今年の目標をお願いします。
「今シーズンはもちろん6年ぶりのリーグ優勝。まずはそこを目指す。そして日本一。ファンのみなさんも待ち過ぎてモヤモヤしてるでしょう。個人的にはその中でいかにチームに貢献できるか、を意識してます。」




まあ、ピッチャーにも久保田んや吉岡君など、細身じゃない方が大勢いますが(笑)。
体を鍛えているアスリートは、なかなか思ったようにオシャレは出来ないでしょうね。
僕も、鍛えてはいませんが服のサイズが合わないことはままあるので^^;、
ちょっとだけ気持ちが分かったかも。でも、ひーやんはオシャレなイメージですけどね。
イエルブラックのシリーズでは、僕はキャップをいくつか愛用しています。
観戦の時以外でも被れるクールなデザインが気に入ってまして、
ひーやんが被っている2011年の新モデルも揃えてみようかと思っています。



この日、タイガースショップで購入したのは、
今年の3月からラインナップされたハイクオリティレプリカのブラゼルモデル。
ブラゼルのユニに関しては、昨年からずっと購入を考えていたんですが、
シャープ産業製のメッシュジャージかプロコレクションでしか手に入らない状態で、
ちょっと困っていたんですよね。念願だったハイクオリティが手に入って良かったです。

ブラゼルのユニが欲しかったのは、『BRAZELL』の綴りが並び的にカッコ良かったのと、
球場で、ブラゼルになりきって思いっきりブーダンスをしてみたいなとw

このハイクオリティレプリカ、ラインナップにない選手やコーチのモデルも、
今年からオーダー出来るようになったようですね。これはとても喜ばしいことです。
ハイクオリティレプリカは、前開きなので観戦の際に色々な着こなし方が出来る上に、
生地も適度に軽く薄いものが使われているので、服の上から着てもごわつきません。
また、チームロゴ・背番号・背ネームなどの大きさや刺繍のバランスも抜群で、
選手たちが着用している本物のユニと見比べても全く見劣りしない出来なんですよね。

シャープ産業製のメッシュジャージは、ボタンが上から3つしか開かない被り式で、
生地も安っぽいメッシュ素材。ビジター用を用意してくれているのは嬉しいんですが、
ロゴや背番号の大きさ、バランスも、本物に比べるとかなりいい加減なものです。
第一、ホーム用は文字の縁取りが黄色じゃなくて金色になっちゃってますし。

やっぱり、せっかく着るなら選手たちが着ているものに近いほうが絶対いいですよね。
たまにショップの店員が、『選手が実際に着ているのは被りだから』と言って、
被り式のメッシュジャージを勧めてくることがありますが、あれは半分嘘です。
選手が着ているのは確かに被り式ですが、機能的にそうしているだけであって、
見た目は開きのユニと変わりませんから。人それぞれ基準はあるでしょうけど、
大事なのは、見た目がどれだけ本物に近いかだと思います。
これからホーム用のレプリカを買われる方には、ハイクオリティをお勧めしたいですね。

まあ、『出来るだけ本物に近いユニフォーム』を求めるのであれば、
プロコレクションをオーダーするのが一番手っ取り早いわけですが、
そう簡単に手を出せるような価格ではありませんし。って、僕は昨年買いましたけどw

今シーズンは、ひーやんはもちろんですが、ブラゼルや球児など、
色んな選手のハイクオリティレプリカを着て球場に行ってみようと思っています。
イエルブラックのグッズと合わせて、スタイリッシュな応援を目指すのも悪くないかと。
僕自身は、オシャレとかそういうものとは全く無縁の生活を送ってきた人間ですが、
せめて球場にいる時くらいは(笑)。今年も試合前のショップ巡りが忙しくなります^^;。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| グッズ | 18:49 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。