一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】安芸キャンプレポ(4)

今回で安芸キャンプのレポは最後になります。
今年は、1月末の壮行会に始まり、宜野座キャンプはテレビでじっくりと、
安芸キャンプは現地でがっつりと。ちょっと遊びすぎました(笑)。

今年のタイガースのキャンプは、大きな怪我人が出ることもなく、
怖いくらいに順調でしたよね。現地で見ていても、明るい表情で練習に取り組む選手が
凄く多かったように思います。シーズンに入ってもこのいい雰囲気が続けばいいなぁと。
これまでのレポで紹介したように、ひーやんも充実したキャンプを送っていました。
Twitterでは、解説者の佐野慈紀さんが『今年の桧山は期待大!ですよ』
と、太鼓判を押してくれていますし、本当に楽しみなシーズンが始まるなという感じです。
それでは、安芸キャンプでのひーやんの様子をどうぞ。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

ひーやんのスイングはいつも安定しているというか、形が崩れないから好きです。
同じ動きを何度も繰り返すことで、スイングを体に染み込ませていくんでしょうね。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

ネックウォーマーやリストバンド、バッティンググローブなど、
ひーやんの野球用具には必ず桧舞台のSJRマークが入っているんですよね。
ネックウォーマーは、僕も同じものを練習見学中にしていたのでちょっと嬉しかったり。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

フリーバッティングでは選手がゲージに入ってしまうため、写真もこういう感じに…。
ひーやんは、常にアニキや新井さんと同じ組でゲージに入っていたので、
打球の迫力という点ではやや見劣りしましたが、ライナー性の鋭い打球を連発。
バッティングピッチャーの方に『今のはボールちゃう?』と注文を付けるも、
『いや、全然ストライクですよ(;´∀`)』とあっさり受け流されるお笑いもありましたがw

それとひーやんのバッティングフォームが少しだけ変わっていまして、
昨年よりもややオープンスタンス気味に構えていました。統一球への対応でしょうか。
初めて打率3割を達成し4番も打った、01~03年頃の構えに近いかもしれません。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

外野で守備練習中のひーやん。今年はグラブを使う機会が増えるといいですね。
代打だけだと、写真のようにキャップを被っている姿も見られなくなっちゃいますし。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

守備練習が終わってひーやんがベンチに戻ってくる時は、
『ひーやんがこっちに来るでーっ!』という感じで完全に追っかけ状態だった僕w



キャンプを見に行った帰りには、桂浜にも行ってきました。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真をありがとうございます。

今回の安芸キャンプで一つ心残りだったのは、
ソックスを上げたオールドスタイルのひーやんが見られなかったことです。
宜野座ではソックスを上げている日もあったので、結構期待していたんですが^^;。
上の写真は、昨年のCS直前に甲子園で行われていたシート打撃の様子で、
この時のひーやんは珍しくソックスを上げていました。
やっぱり何度見ても、こっちの方がスマートでカッコいいと僕は思います。
これからも当ブログでは、ひーやんのソックスの行方に注目していきますので(笑)。

というわけで、安芸キャンプのレポは以上です。
初めて生で見る一軍メンバーのキャンプ。これまで以上にタイガースの選手たちを
身近に感じることが出来て格別でした。また来年も行きたいなぁ。

と、のんびりとレポなどをしている間に、タイガースはオープン戦を2試合消化。
若手選手たちの競争もいよいよ佳境に入ってきていますね。僕も一応見てますよ(笑)。
今年は、昨年のように試合毎に記事を更新していくのが難しくなりそうなので、
どういうスタイルでブログを続けていけばいいか、少し考えているところなのですが…。
取り合えず、オープン戦は気になった試合の時だけ記事を書いていくことにしますね。

ひーやんのオープン戦初登場が待ち遠しいです。いい結果が残せますように。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

| 番組・イベント・レポ | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】安芸キャンプレポ(キー太編)

なんだかんだしている内にオープン戦が開幕してしまいましたが、
当ブログでは今回もマイペースに安芸キャンプのレポを進めてまいります(笑)。

今回は、タイガースの新マスコット・キー太君の特集です。
初めて見た時は『えーっ、なんか可愛くない!』と思ってしまったキー太君ですが、
実物は本当に可愛くて、僕はすっかりキー太君の大ファンになってしまいました^^;。
安芸のタイガースタウンには、キー太君の一日のスケジュールが貼り出されていて、
定期的に写真撮影会やサイン会を行っていたんですが、もう凄い人気でしたよ。
甲子園でも人気者になりそうな予感。トラッキーの影が薄くなっちゃったりして(;´∀`)



『はじめまして』ということで、ファンに名刺を配っていたキー太君。
サインもいただきました。キー太君は、一人ひとり丁寧にサインに応じていましたよ。



『僕はここにいるよー』という感じで手を振るキー太君。かわいいですよね^^。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

お土産屋を物色するキー太君(笑)。好奇心旺盛なマスコットらしいです^^;。



ファンとハイタッチを試みるも誰も近寄って来ず、空タッチを繰り返すキー太君w



キー太君のスケジュールはこんな感じで貼り出されていました。
球場に入る前にこれを確認しておけば、ファンも安心してキー太君に会えますね。



必死でサインを書き続けるキー太君の背中w



キー太君の名刺は2種類ありまして。2枚とも何食わぬ顔でちゃっかりいただきましたw



これが、最初にファンに公開されたキー太君のイラスト。
やっぱり、こっちは何度見ても可愛いとは…。実物と微妙に顔が違いますしね^^;。

キー太君は、ラッキーちゃんの弟ということなので、
甲子園では2人の姉弟らしいやり取りが見られたりするのかな。凄く楽しみです。
ちなみにキー太君の胸番号は、誕生した年にちなんで『2011』になっています。
トラッキーの背番号『1985』が、阪神日本一の年として認識されているように、
キー太君の『2011』が、タイガースにとって記念すべき年になると嬉しいですよね。

それでは、今日はこの辺りで。次回で安芸キャンプレポは最後になります。
今年のキャンプの総括をしつつ、残りのひーやんの写真を載せていこうと思います。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 13:12 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】安芸キャンプレポ(2)

昨日に引き続き、安芸キャンプのレポを進めていきますね。

僕が見に行った3日間のうち、20日と21日は紅白戦が行われていました。
マートンやブラゼル、新井さんといった主力選手も参加する実戦練習ということで、
球場には、まるで日本中からタイガースファンが集結したかのような熱気が(笑)。
20日は日曜日だったので、僕は混雑を予想して少し早めにホテルを出たんですが、
球場に到着した時にはほとんどの座席が埋まっていて焦りました^^;。
21日も平日とは思えないにぎわい。想定外の事態が続いてちょいと疲れましたわ。

それでは、ひーやんを中心に写真を貼りつけておきますね。
ちなみにひーやんの写真は全て、紅白戦が無かった22日の写真です。
紅白戦があった日は、ファールボール対策で客席前にネットが張られていたので、
いい写真がほとんど撮れずでした。仕方の無いこととはいえ、残念でしたね。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

ティーバッティング中のひーやんは笑顔が多かったです。
これまでの調整が順調に進んでいるんでしょうね。スイングも軽やかな感じでした。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

ボールを打つ瞬間のひーやんの表情も好きです。
こういう選手たちの表情を肉眼でしっかり確認できるのもキャンプの魅力ですよね。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

ひーやんは、ずっとアニキと同じ組でバッティング練習を行っていました。
共にそれぞれの立場でタイガースを支え続けているベテラン。風格たっぷりでした。
自分の体の調子と向き合いながら、力を抜く時は抜く、入れる時は入れる。
この2人は、凄くメリハリのついた練習をしていたように思います。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

バッティング練習の後は、走塁や守備の練習に移ります。
上の写真は、守備練を終えてベンチに戻る時のひーやん。サングラスが渋いですね。

若手に混じって外野のノックを受けるひーやんも見ることができたんですが、
ネットだらけの場所から見ていたので写真はありません。申し訳ないです。
外野ノック中のひーやんは、落下点に素早く入り、安定した守備を見せていましたよ。
若手に声をかける場面もあり、まだまだお前らには負けへんでという感じでした^^。



21日の紅白戦では、ひーやんが白組の5番DHでスタメンということで、
非常にテンションが上がりました(笑)。結果は2打席ともファーストゴロでしたが^^;。
ひーやんは試合後、『直球を前に弾き返せたのは良かった』と振り返っていたそうです。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

赤組の3番ライトでスタメン出場のマートン。ティーバッティングでは、
短いバットを使ってミートポイントを確かめるなど、独自の方法で調整していました。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

赤組の4番DHでスタメン出場のぶらっず。ぶらはとにかく愛想が良かったです^^。
ファンの声には常に笑顔で応えていましたし、あるお子さんに、
練習で使っていたバットにサインを入れてプレゼントしたりしていましたよ。



紅白戦では、選手たちが守備位置につく際に、
公式戦と同じようにスタンドへサインボールを投げて入れてくれました。
僕は取れなかったんですが、近くのおじさんがぶらっずのサインボールをゲット。



天気が良かったので、安芸球場のスタンドからの景色も撮ってみました。



三塁側からの景色がこちら。ライト側フェンスの向こうには太平洋が見えます。



サブグラウンドの横には、タイガースの選手たちのパネルも用意されていて、
一緒に写真を撮影する方々が沢山いました。僕もひーやんと撮りました^^;。



練習見学を終えた後は、球場前駅の横のお店でしらす丼をいただきました。
たっぷりのしらすにおろしポン酢が効いていて、とっても美味しかったです。
実はしらす丼以外にも色々と食べたんですが、キリが無いので紹介は自粛しますw

今回のレポ、本当は紅白戦の内容をきちんと書くつもりだったんですが、
僕は3日間、ずーっとひーやんを追っかけてただけだったので、
試合の記憶がほとんど無くて(笑)。結局まとまりの無いレポになってしまいました。
次回は、新マスコット・キー太君の可愛い画像でお茶を濁そうかと思っております^^;。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】安芸キャンプレポ(1)

2月20日から22日までの3日間、
高知県安芸市で行われた春季キャンプを見に行ってきました。

一軍のキャンプを見学をするのは初めてだったんですが、もう楽しすぎました。
ひーやんのバッティング練習や外野ノックをへばりつきでチェックできた上に、
球児やブラゼルなど主力選手が大勢登場した豪華な紅白戦が2試合も見られました。
新マスコットのキー太君と直接触れ合えたり、関西ではおなじみのアナウンサーや
解説者の方々が球場の中を普通に歩いている、びっくりな光景もあったりして。
春季キャンプならではの、賑やかな雰囲気を体感できたのが凄く嬉しかったですね。
お天気にも恵まれて、本当に充実した3日間でした。

それでは、ひーやんを中心にぼちぼちレポなどをしていこうかと思います。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

ひーやんを間近で見ることができたのは、
野手が4人1組で行う『バッティング回り』という練習の時間でした。

ティーバッティングの後に、右投手、マシン、左投手の3つのゲージに順番に入って、
フリーバッティングを行います。グラウンドに響く打球音が気持ち良かったです。
上の写真はティーバッティング中のひーやん。見てください、この爽やかな笑顔を!
あまりにも爽やかだったので、携帯版のタイトル画像に使っちゃいました^^;。
これからは携帯でも『ひやまのま』をよろしくお願いします。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

もちろんスイングをする時は、このような真剣な表情に変わります。
ひーやんは、練習中はずっとSJRマークの入ったネックウォーマーをしていました。
ジャンパーもなかなか脱いでくれなくて、ユニ姿をあまり見られなかったのが残念。
でも、『ひーやんは寒がりらしい』という貴重なデータは採れました(笑)。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

これは、サブグラウンドでのウォーミングアップの様子です。
みんな、ジャンパーを着たりサングラスをかけたりで誰が誰やらという感じですが^^;。
右端にいるのがひーやんで、真ん中は奥からおはぎ、トリ、浅井さん、アニキ。
左端はセッキーと林ちゃんでしょうか。ジャンパーにも大きく背番号つけて欲しいw


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。

ウォーミングアップ終了後、メイングラウンドに姿を現すひーやん。
声をかけるファンに手を振って応えたり、ベテランらしいオーラが漂っていました。
ひーやんの写真はまだ残っているので、次のレポでも載せたいと思います。

ここからは、高知駅から安芸球場に向かうまでの写真を紹介していきますね。



JR高知駅から、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線で安芸に出発。
念願だったタイガース列車に乗ることができました。改めて見ると凄い模様です(笑)。



車内はこのようにタイガース一色。阪神電車もここまでしてないのにw



タイガースの選手たちの写真も並べられていました。もちろんひーやんも^^。



選手の写真が並ぶ中で、高知県出身の中西コーチの写真が。さすが地元。



球場前駅に到着。駅にはトラッキーやラッキーのレリーフが飾ってあります。



駅を出るとすぐそこに見えるのが室内練習場の安芸ドーム。
室内での練習を見学できなかったのは残念でしたが、立派なドームにびっくり。



安芸はグラウンドへ行くのに坂を上らなきゃいけないので、結構体力を使うんですが、
このようにファンを飽きさせないために色々な飾りつけがしてあるので楽しいですね。



2003年のリーグ優勝を記念したモニュメント。
あーっ、カメラを構える僕が映りこんじゃってる(笑)。失礼いたしました^^;。



球場の完成からキャンプの歴史、市民と選手の交流なども詳しく紹介されています。
最近、タイガースが安芸キャンプを廃止するんじゃないかという話が出ていますが、
この辺のアピールを見ていると、『タイガースさんを手放してたまるかっ』
という安芸市の切実な思いが伝わってきましたわ(笑)。

安芸キャンプレポは、これから3回くらいに分けて更新していく予定です。
残りの写真を見ると半分はキー太君特集になっちゃいそうですが、お楽しみに(笑)。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 17:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】いざ安芸へ!

タイガースは昨日、沖縄県・宜野座村でのキャンプを打ち上げました。
移動日を挟み、明日からは高知県・安芸市にて第5クールがスタートします。

宜野座キャンプですが、まずは大きな怪我人が出なかったこと。
これが一番の収穫じゃないかと思います。他球団のキャンプ情報を見ていると、
エース級のピッチャーに早くも『前半戦絶望』の見出しが躍ったりしていますからね。
今は取りあえず、宜野座のメンバーがみんな揃って安芸に行けることを喜びましょう。
若手野手のアピールが足りないとも言われていますが、それはこれからの課題。
安芸のメンバーと合流して、チーム内での競争はどんどん激化していくでしょうし、
紅白戦やオープン戦の中で、誰が生き残っていくのかを楽しみにしようと思います。


※画像はサンスポさんからお借りしました。

昨日のsky-Aの猛虎キャンプリポートでは、
アニキと並んでフリーバッティングを行うひーやんが映っていました。
ソックスを上げたオールドスタイルで練習に臨むひーやんにワクワクしましたわ(笑)。
今キャンプでは、なかなかソックスを上げてくれなかったので…^^;。
一体どういう基準でソックスを上げたり下げたりしているのか、非常に気になります。

で、実は僕、明後日から3日間、安芸キャンプを見に行ってきます!

安芸市営球場には昨年の秋季キャンプで一度行っているんですが、
春のキャンプを見に行くのは初めてでして。安芸は選手との距離も割と近いですし、
一軍メンバーの練習を間近で見られるかと思うと、もう楽しみで楽しみで。
もちろん僕は、ひーやんにへばりつこうかと思っておりますよ(笑)。
上の写真のように、真剣な眼差しでバッティング練習を行うひーやんももちろんですが、
個人的には、外野のノックでグラブ片手に走っている姿を見てみたいです。

あと、マウンテンバイクで颯爽と球場に現れるジョニキや、
新マスコットのキー太も見たいなぁ。あの名刺は安芸でも配ってくれるのかな^^;。
普段の試合では見られないような、キャンプならではの光景が楽しみですね。
キャンプの様子は、帰ってきた後にまたここでレポしてみようかと思っています。

現地にいる間は、Twitterでちょくちょくつぶやきますね。
@kachi_24の不定期ツイート『ひーやんの今日のソックス』にご期待ください(笑)。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 19:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】20年目の向上心

早いもので、春季キャンプも第4クールに突入しました。

キャンプインの日を指折り数えて待っていた頃に比べると、
今は時間が経つのが本当に早く感じますね。やっぱり、野球を楽しめる日々、
そしてブログのネタに困らない日々というのはいいものです(笑)。
今キャンプは、なんだかんだと言いながら怪我人も少なく、順調に進んでいますよね。
他球団との練習試合もぼちぼち始まっていますし、オープン戦の開幕ももうすぐ。
いよいよ、今シーズンのタイガースの形が具体的に見えてくる時期に入ります。

で、今日のネタなんですが、昨日のスポニチに、
ひーやんと亀山さんの対談記事が載っていたので、ここで紹介しておこうかと。
『亀山氏驚きの向上心』というタイトルで、ひーやんが取り組んでいる統一球対策や、
タイガースへの提言、6年ぶりの優勝にかける思いなどに迫っています。


ひーやんと亀山さん。同い年にはとても見えませんわね(笑)。

◆以前の打ち方と比べて

亀山:「体もよく動いているし、元気そうやね」

桧山:「おかげさまで、ここまではね。シーズンに入ったら勝った負けた、打った打たなかったで精神的なことが重要になってくるけど、キャンプはとにかく体と技術を上げていくことやから」

亀山:「打ち方を変えている。いや変えようとしているのかな」

桧山:「今、色々と試しているところなんよ。バットを浅く握ってみたらどうなのかと。それで左脇を少し開けてみてとか。それを映像でチェックしてみたら上半身がガチッと固まっているようにも思えたから、じゃあ今度は以前の打ち方に戻してみて、どっちがしっくりくるのかを日々、取り組んでいるところ」

亀山:「飛ばない統一球への対策だ」

桧山:「オレらの世代って昔、初めてメジャー球を打った時にめっちゃ重く感じたことあったやろ。全然、飛ばんし。自分には今、あれぐらいの衝撃と違和感があるのよ」

亀山:「打撃練習で打ちそこなった瞬間に“痛っ”って言ってたのが聞こえてきた(笑)」

桧山:「そうそうそう。あんな声出したのは久しぶりやったわ。昨年まではボールをつぶしにいくような感じで、ぶつけるように振っていった。でも統一球を大げさに言うたらバットの芯を外した時は鉛みたいやから、その重みをどうして打ち返すのがいいのか、こっちのパワーをどうやってインパクトにもっていったらいいのかと」

亀山:「投げる側にも合う投手、合わない投手がいるみたいだけど」

桧山:「よく変化するらしいね。ということは変化球の曲がりや落ちが大きくなるのかな」

亀山:「じゃあワンバウンドしたボールはキズが少しつくだろうし、これからは打者の方からボールチェンジを要求したっていいのとちゃうかな。バースはよく審判に替えてくれと要求していた」

桧山:「今だったら巨人のラミレスは必ず言うよね。ワンバウンドしたボールをキャッチャーが手で拭いたりゴシゴシしているのを指さして、替えてくれって。試合の中の雰囲気とかもあって自分はこれまで気にしていなかったし言ったことないけど…、どうなのかな」

◆行ける準備はしている

亀山:「今年は外野のポジションが一つ空いていて俊介や坂が競っている。1打席にかける代打ももちろんチームでは重要な仕事だけど、同じ年としてヒーやんにも1試合に3打席、4打席に立つのも期待しているんだけど」

桧山:「オレがそうなったらバランスというかチームとしては良くないことだと思うよね。でも野球選手って打つだけじゃなくて守って走ってもだと思うし、行けって言われたら行ける準備はしているつもりだし、また行けといわれるようにも頑張りたいしね」

◆虎は平均以上で中途半端

亀山:「チームとしても惜しいシーズンが続いている。昨年はわずか1ゲーム差の2位」

桧山:「ファンの方にも申し訳ないし、実際にやってる自分たちもフラストレーションがたまっているしね」

亀山:「何が原因で、どうしたら勝てるのか」

桧山:「チームの特徴かな。打って打って打ちまくって勝つのか、つないで得点を確実に重ねていくのか、投手を中心に守り勝つのか。すべて平均以上だとは思うけど、逆にいうと中途半端なのかも」

亀山:「昨年、個人の成績はほとんどの選手が自己最高をだした。あとはそれを一つにする『和』だよね」

桧山:「それと接戦を勝つことかな。大事なゲームは接戦になることが多いし、それらを勝つことでチームも自然とまとまり、勢いも出てくるからね」


ひーやんのバッティング練習は、
僕もsky-Aのキャンプリポートで何回か見ていますが、
何気無く見ている練習の中に、選手たちの様々な工夫が隠されているんですね。
バットを浅く握ったり、右脇を開けてみたりといった試行錯誤が常に繰り返されている。
僕ももう少し、選手のちょっとした変化に気付ける目を持ちたいなと思いました。
打球の行方や、ユニフォームの着こなしばかりに注目していては駄目ですね(笑)。

外野のスタメン争いに関するトークでは、ひーやんの冷静さが印象に残りました。
代打だけではなく、スタメンで期待される選手でありたいという根本の部分は、
ベテランになってからもずっと変わらないひーやんの野球哲学ですが、
それがチームにとって何を意味するのか、客観的に考えられるところが凄いなぁと。
だからこそ、今のタイガースの若手に対して、一言言わずにはいられないんでしょうね。
弱いタイガースに戻したくないという、生え抜きゆえの責任感も当然あるでしょうし。

『接戦をものにしていく』というのも、ひーやんがよく口にするキーワードです。
昨シーズンは、打ち勝つ野球で優勝争いを繰り広げたタイガースですが、
ひーやんは『大差の勝利もいいが、接戦をものにすることでチームは結束していく』と、
お立ち台で語っていたんですよ。確かに接戦になると、ベンチにいる控えの選手たちも、
目の前のゲームにより集中するでしょうし、僕たちファンも応援に熱が入ります。

今シーズンは、選手たちも僕たちファンも、目の前の1プレーに集中しながら、
球場全体で『最後はタイガースが勝つんだ』という雰囲気を作っていきたいですね。
個人的には、接戦になるとひーやんの出番が増えて嬉しいというのもあります(笑)。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 新聞記事・雑誌 | 20:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジェフ・ウィリアムス引退

昨日、ジェフ・ウィリアムス投手の現役引退が発表されました。

09年のオフに退団した後、ジェフが復帰に向けてリハビリを続けると聞いた時から、
奇跡が起こることをただただ願っていました。それが叶わず、本当に残念です。
タイガースに7年間在籍し、03年と05年のリーグ優勝に大きく貢献したリリーフ投手。
05年に球児、久保田と結成した勝利の方程式“JFK”は、球界の流行語にもなりました。
また、外国人選手でありながら、ブルペンをまとめあげるリーダー的存在として
脚光を浴びたこともありましたね。彼はまさしく、“蒼い眼のサムライ”でした。


月刊タイガース2007年8月号では、単独で表紙を飾ったジェフ。ファンの信頼も絶大でしたね。

タイガース公式サイトの球団ニュースに、ジェフからのコメントが載っていました。
ジェフらしい気持ちのこもった言葉だったので、ここにも載せておきますね。

「復帰を目指してずっとリハビリをしていましたが、左肩の故障が再発したので、現役を続行する事は不可能と判断し、引退を決めました。タイガースから現役引退を発表したのは、自分が最も愛着のある、そしてお世話になった球団だからそうしたかったのです。タイガースでの思い出は、03年と05年のリーグ優勝です。特に05年は、球児や久保田と共に「JFK」と呼ばれたシーズンで、自分の中でリリーフとしてのスタイルを確立できたこともあり、とても印象深い優勝でした。また、甲子園球場で投げるときのタイガースファンの素晴らしい声援、あのサポートは日本を離れた今でも心に残っています。今後について現時点では何も決まっていませんが、自分としてはタイガースの一員としてタイガースのお役に立てればと思っています。ファンの皆さん、本当にありがとうございました。」

まず、ジェフの引退が、阪神球団を通して発表されたことに感謝したいです。
退団して何年か経った後、ひっそりと引退が伝えられる外国人選手も多い中で、
ジェフはこうして、タイガースの一員としてユニフォームを脱いでくれた。
『脱いでくれた』という表現は変ですが^^;、僕はそこに、あの頃と変わらない
タイガースとジェフのつながりを感じることができて、凄く嬉しい気持ちになりました。

…とは言え、レッドや矢野さんに続き、強いタイガースを支えた功労者たちが、
怪我で引退を余儀なくされている事実には心が痛みます。寂しいし、悲しいですね。

今年のオープン戦で、なんとかジェフの引退セレモニーが出来ないものでしょうか。
どんな形でもいいので、直接ジェフに『ありがとう』を言うチャンスが欲しいです。
それに、これはジェフが退団する前から言われていたことですが、
タイガースファンは、ジェフのことを単なる助っ人外国人だなんて考えていません。
いつの頃からか、一人の生え抜きの選手として声援を送っていましたから。

ブルペンの結束をより強いものにと、投手陣にオリジナルのミサンガを配ったり、
お立ち台や試合後のコメントでも、常にチームメイトへのリスペクトを忘れない。
人柄が愛されていましたよね。ジェフのいないタイガースが想像できないくらいに。
メジャー・リーグの球団から高額なオファーがあった時も、
アニキや下さん、矢野さん、球児、ひーやんといった選手たちが引き止めたそうですし。
それに応えるジェフが、またカッコよくて。本当のチーム愛を持った選手でしたね。

昨シーズンは、『こんな時にジェフがいてくれたら』と思うことが何度もありました。
信頼できる左のリリーフという、戦力としての面でももちろんですが、
それ以上にチームをまとめるリーダーとして。ジェフの力を貸してほしいと思いました。

ジェフの今後は、現時点ではまだ未定とのことですが、
やはりファンとしては、ずっとタイガースに携わっていてもらいたい気持ちが強いです。
アンディのようにスカウトもありですが、僕の個人的な希望は投手コーチかな。
やっぱりもう一度、タテジマを着たジェフの姿が見たい。それに、
これほどチームメイトから慕われた選手ですから、きっといいコーチになりますよ。
もし実現したら、また投手陣全員でミサンガをつけるというのもいいですね。

ジェフ、今まで本当にありがとう。そして、お疲れさまでした。



僕は、投げた後に画面の左端へきちんと消えていくジェフを見て、
『あっ、今日は調子いいんだ』って安心していました(笑)。いやぁ、懐かしいですね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 09:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

思いを込めたユニフォーム

先日、甲子園歴史館で行われた
阪神タイガース選手のユニフォームde撮影会に参加してきました。

タイガースの選手が実際に着用したユニフォームを着て写真が撮影できるという、
ユニ好きの僕にとってはまさに夢のようなイベント。もう興奮しまくり(笑)。
一応、一人1着1ポーズということでしたが、思いのほか参加人数が少なかったので、
割と好き放題に撮ることができました。参加費も無料でしたし、
甲子園歴史館のサービスは本当に素晴らしいなぁと感心いたしましたね。
これからも、オフの野球不足を補えるような素敵なイベントを期待しております。


この写真は、2004年に出版されたひーやんの写真集『桧舞台』の中の一枚。

僕のお目当ては、当然ひーやんのユニフォームです。
用意されていたひーやんのユニは、2006年に着用されていたビジター用。
僕はこの頃のシンプルなデザインが好きだったので、とても嬉しいチョイスでした。

上の写真は、そのユニフォームを着てライトの守備に就くひーやん。
グレーの生地に映える虎の袖章と、力強い角型の書体の背番号がカッコいいのです。
03年と05年のリーグ優勝を彩ったゲンのいいユニフォームでもありますね。
ちなみに、このビジユニが採用されたのは2001年のシーズンから。
翌年に星野さんが監督に就任し、タイガースが戦う集団に変わり始めた時代ですね。
僕がタイガースファンになったのも丁度この頃です。もう9年も前ですか^^;。

このユニを見て思い出すのは、2002年の開幕戦。ひーやんの先制アーチや、
新エース・井川君の力投で、タイガースが12年ぶりの開幕白星を記録した試合です。
YouTubeに動画がアップされていたので貼り付けておきますね。いやぁ、懐かしい。



個人的には、ひーやんに一番似合っていたのもこのユニかなと思っています。
長かった暗黒時代から抜け出し、強くスマートになったタイガースのイメージを、
新しいビジユニを着た、生え抜きのひーやんが象徴してくれていたような気がして。
井川君も、ジョージも、矢野さんも、みんなこのユニフォームは似合っていましたよね。



撮影会で着用した実物のユニフォームがこちらです。
軽くて着心地のいい生地は、さすがプロ仕様という感じ。刺繍もしっかりしていました。
ひーやんが実際に着ていたユニフォーム…。思わず顔を埋めたくなりましたわ(笑)。



こちらが正面の写真。旧式の『HANSHIN』ロゴも味がありますよね。
ちなみにメジャー・リーグでは、ピッツバーグ・パイレーツが、
これと同じ書体を胸ロゴに使っています。言われてみれば確かにメジャーっぽいかも。
白と黒の前立てラケットラインもいいアクセントになっていますね。



球児のユニフォームも撮ってみました。これは2006年のホーム用。
このユニは、シンプル過ぎて何も言うことがありません。ひとつの完成形ですね。
優勝を決めた9月15日や29日に、一日限定でこの優勝時のユニフォームを復刻、
なんていう企画があってもいいかなと思ったりしますが。



正面の写真。ビジター用とは生地の感じが違いまして、ほんの少しですが、
ホーム用のほうが重たく感じました。今のユニよりは、かなり分厚い生地のようです。

阪神タイガース公式サイト内の綱島理友のユニフォーム物語には、
今回僕が撮影したユニフォームも含めた、歴代のタイガースのユニフォームが
チームの歴史と共に詳しく紹介されています。これを読みながら、
『次はどの時代のユニフォームが復刻されるんだろう?』と想像を膨らましていると、
僕は時間を忘れてしまうんです。誰か同じような趣味をお持ちの方はいませんか(笑)。

えーっと、今日は、宜野座でヤクルトとの練習試合が行われた大事な日だというのに、
全く関係の無いユニフォームの話題で変に盛り上がってしまって申し訳ありません^^;。
ちなみにこの撮影会は、来月の5日(土)と6日(日)にも行われるとのことなので、
興味を持たれた方は是非参加してみてくださいね。ユニ好きにはたまらないですよw


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】モチベーション

春季キャンプは昨日、第2クールが終了しました。

今日は今キャンプ二度目の休日。明日から始まる第3クールでは、
最終日にヤクルトとの練習試合も予定されており、
いよいよ若手選手たちが実戦の中でアピールしていくという段階に入りますね。
個人的には、sky-Aのキャンプリポートでよく取り上げられていた俊介君や野原君、
そして、初めて一軍キャンプに参加している育成枠出身の森田君に注目しています。
あと、矢野さんに説教されたコミーがちゃんと声を出しているかもチェックしなきゃ(笑)。

ひーやんの実戦参加はまだまだ先になると思いますが、
昨日のフリーバッティングでは、当初『重たい』と表現していた統一球に対して、
早くも飛ばすコツを掴んだみたいですね。今キャンプ初の柵越えも放ち、
1月のグアムでの自主トレから続くひーやんの体作りが、順調であることが伺えます。
今朝のサンスポの記事を紹介しておきますね↓


※画像はサンスポさんからお借りしました。

驚弾炸裂!阪神・桧山「遼トレ」で進化打(SANSPO.COM)

 驚弾炸裂!! 阪神・桧山進次郎外野手(41)が8日、フリー打撃で今キャンプ初のサク越えとなる3発。宜野座を訪れた個人トレーナーの仲田健氏(41)は、男子ゴルフの石川遼(19)=パナソニック=が取り組む“3Dトレ”を実践していることを明かした。タテジマ一筋20年目。さらにパワーアップや!

 1000人の虎党が“神様進化”の目撃者となった。今キャンプ4度目のフリー打撃。午後1時08分。桧山が放った白球は右翼ポールを巻くように吸い込まれていった。

 「きょうもよかったわ~。いい感じやった。球を上からつぶすように打てていたしね」

 その1分後には中堅へガツン。そして、また1分後に右中間最深部へ。ここまでサク越えなしだったベテランが、78スイングで3発と、長打力をみせつけた。

 「僕らはいかに実戦に近づけて(練習を)やるか、ということが大事。淡々とウエートをしているわけにいかないから」

 背景には隠された秘密があった。実は今年1月から“3Dトレ”を導入。仲田トレーナーは「屈曲動作と回旋動作を取り入れている。回転動作をすることで各筋肉に刺激を与え、総合的にパフォーマンスを向上させることが狙い」と明かした。例えば、腹筋運動をするときにうねりを加えながら…。スクワットをするときにも、うねりながら…。石川遼もみている同トレーナーは「(石川も)昨年から取り組んでいる」。桧山に関しても、「スクワットは全盛期で最高230キロぐらいだったが、昨日も180キロをあげていた。すごいですよ」と証言。

 真弓監督は「スタメンで出ることもあるかも」と、代打という枠にこだわらない姿勢を強調した。一撃必殺の神業にパワーアップ。虎一筋20年目へ視界良好だ。


「スタメンで出ることもあるかも」

えーっと、記事の本筋よりも、
最後の真弓監督の一言に反応してしまいました(笑)。

昨シーズンの起用(ひーやんのスタメン出場は一度も無し)を見るにつけ、
真弓監督は、ひーやんをスタメンで使う気がもう無いんじゃないかと思っていたので。
今シーズンは一度でもいいから、ひーやんのスタメン出場を見られるといいなぁ。
ひーやんも、『代打に留まるつもりはない』とスタメンへの思いを度々口にしています。
真弓監督の一言で、モチベーションはますます高まっていくのではないでしょうか。

新しいトレーニングを取り入れるということも、
ひーやんが高いモチベーションを保ち続けているからこそ出来ることだと思うんです。
今年の1月から導入したという“3Dトレ”には、代打で結果を残すことはもちろん、
常にスタメンで試合に出られる肉体を維持しよう、という意味合いもあるでしょうし。

41歳で180キロのウェイトを持ち上げるというのも凄いですよね。
ひーやんって、そんなにマッチョなイメージは無いんですけども^^;。
若い頃から今まで、地道に積み重ねてきた様々なトレーニングが、
41歳という年齢で現役を続けられるひーやんの体の基礎になっているんでしょうね。

ちなみに今日は、デイリーやニッカンにもひーやんの記事が出ていました。
桧山やっぱり神ダ~ン!統一球へっちゃら (デイリースポーツonline)
阪神桧山「遼打法」で弾弾弾!初サク越え(nikkansports.com)

こういう前向きな記事を読むと、
明日からのキャンプをがますます楽しみになります^^。

それにしても、タイガースファンはsky-Aでキャンプの生中継が見られたり、
スポーツ紙から大量の情報を得ることができたり…。本当に恵まれていますよね。
実は僕、今年からユニフォームがお洒落になったオリックスにも注目しているんですが、
同じ関西のチームなのに、オリックスの情報は全然入ってこないんですよ。
こういう状況が長く続くと、04年の再編騒動みたいなことが起こりかねません。

せめて関西ローカルのスポーツニュースくらいは、
もう少しオリックスのことを取り上げて欲しいよなぁと感じる今日この頃なのです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 新聞記事・雑誌 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】球児リタイア

ここまで怪我人もなく順調に来ていた春季キャンプですが、
今日、球児が右足内転筋の違和感により午前中で練習を切り上げました。
デイリースポーツの速報記事はこちら。

山口投手コーチの話によると、昨日の練習で既に違和感を訴えていたそうです。
一応『大事をとって』ということなので、大きな怪我ではないと思いますが…。
やっぱり、キャンプ中にリタイアしてしまう選手が出てくるのは残念です。
ただ、球児が違和感を訴えたのが、キャンプ序盤のこの時期で良かったですよね。
まだまだ開幕まで時間はたっぷりとありますし、球児には、
しっかりと体のケアに努めつつ、マイペースに調整を進めていってもらいたいです。


※画像はサンスポさんからお借りしました。

僕は、タイガースの中ではひーやんを特に応援していますが、
今年注目しているのは、昨年の雪辱に燃える球児のピッチングなのです。
先月の29日に放送された虎バンの中で、球児が今年にかける思いを語っていました。

「実は去年のシーズンが終わってから、野球が楽しくなるんじゃないか、
というのはあったんですよ。みんなからの評価がちょっと落ち出してきて、
それに対して自分が勝った時の喜びが面白いんじゃないかと思って。
それがどんどんオフの間に積み重なってきて。だから充実していますね」


58試合に登板して3勝4敗28セーブ、防御率2.01。
これが、昨シーズン球児が残した成績です。守護神として申し分のない数字ですよね。
それでも、圧倒的な力を見せつけていた時期との比較で、周りの評価は下がっていく。
『打者が狙っていても打てない火の玉ストレート』のイメージも、
いつの間にか一人歩きして、出口の見えないトンネルに入り込んでしまったような。
球児には、打者との駆け引きとは別次元の勝負が常に課せられていた気がします。

今年の球児は、そういったものからは少し距離を置きながら、
一人のアスリートとして、周囲の評価に立ち向かっていくと。

実は僕、ひーやんとは別に球児のレプリカユニフォームも持っていまして^^;。
球児が打者と対峙した時の背中が好きで、我慢できずに買ってしまいました。
昨年は、結局2回くらいしか着られなかったんですが、
今年は、球場で球児ユニを着る機会をもう少し増やしたいと考えています。
自分の世界で自分のためにマウンドに立つ、これからの球児の挑戦を応援します。

あっ、でもあのパーマはどうかと…。未だに慣れません(笑)。

ひーやん関連の小ネタもあるので、ここで紹介しておきますね↓

マートン、桧山注入“ドドスコ打法”(デイリースポーツonline)
楽しんごの『ラブ注入』と『ドドスコ』を、ひーやんがマートンに伝授したそうで。
ぶらっずと同じように、マートンがHRを打ったらベンチ前でドドスコ…
…想像力が追いつかないです(笑)。ひーやんの『ラブ注入』は壮行会で見たけどw

それでは最後に、本日フォーカスライトさんがUPしてくださった、
ひーやんのコメント動画をどうぞ。最後にビシッとポーズを決めてくれています(´∀`)




人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】第2クールスタート!

今日から、春季キャンプは第2クールに突入です。

ひーやんなどのベテラン組にとっては、
軽めの調整で体を温めていく期間という感じだった第1クールですが、
ここからは実戦に向けて、より具体的な練習を取り入れていく時期になりますね。
チーム内でのポジション争いも段々見えてきて、ますますキャンプが面白いです。
で、今日は早速、ひーやんがお昼過ぎからのフリーバッティングに参加していました。


これは、月刊タイガース2月号の表紙です。グアムで黙々とバットを振り込むひーやん。

グラウンドに並べられた3つのバッティングケージを使い、
4人の選手たちが打撃投手やマシンのボールを順番に打っていきます。
今日のひーやんは、マスコットバットを使って63スイング。
今シーズンから新しく導入される統一球の感覚を確かめていたようですね。

統一球は、打球の飛距離が出にくい、いわゆる飛ばないボール。
この間のスポぴたでは、早くもセッキーが『全然飛びません』と断言していました^^;。
投手陣よりも、野手のほうが対応に苦労しているという話をよく聞きます。

確かに今日のひーやんの打球を見ていると、最初のほうはやや差し込まれたり、
バットの芯から少しでも外れた打球はポップフライになってしまったり、
というシーンが多かった気がします。僕は正直、『大丈夫なの?』と思っちゃいましたw
ただ、何球か打っていくうちにライナー性の鋭い打球も増えていたので、
徐々に慣れていけば、特に問題は無いのかもしれません(;´∀`)
明日以降も、ひーやんのバッティング練習は注意深く見ていきたいと思います。

今日のひーやんのフリーバッティングに関する記事はこちら。
統一球は、感覚的には『飛ばない』というよりも『重たい』感じなんですね。
なるべく早く、その感覚に体が馴染んでくれるといいですよね。

それでは、昨日と同様にテレビの写真ですが、今日のひーやんの様子をどうぞ↓



背ネームのないトレーニングウェアも、結構好きだったりします。
一瞬、プロコレを購入しようかと考えたくらい(笑)。
そしてこの無駄のない構え、背番号を見なくてもひーやんだと分かりますね。
今年もその美しいフォームで、チームを勝利に導く一打をよろしくお願いします。

そして今日は、キャンプに入ってから初めての土曜日ということで、
宜野座村球場は沢山のタイガースファンに賑わっていましたね。
グラウンドの状態は依然良くなかったようですが、お天気はようやく快晴。
やっとこのキャンプで、沖縄らしい風景が見られたなと安心しております。

毎年恒例となっている、投手陣の坂道ダッシュの様子も放送されていました。
今年で43歳になるシモさんが、若手に交じってガンガン走っていましたよ。
あと、榎田君やぶらっずが、ちびっ子のファンと競走していたのも面白かったなぁ。
ぶらには『サイン、プリーズ!』って、ちゃんと英語でお願いする子供がいたり(笑)。
こういうキャンプならではの光景を見ると、僕も宜野座に行きたくなっちゃいます^^;。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【春季キャンプ】充実の第1クール

昨日、春季キャンプの第1クールが終了しましたね。

ずーっと野球に飢えていたもんですから、
この3日間は時間が過ぎていくのが本当に早かった。
改めて、キャンプの様子を詳しく放送してくれているsky-Aに感謝です。
初日からユニ姿の選手たちに興奮し、2日目は矢野さんの解説にうんうんと頷き、
そして昨日は、久慈コーチのノックを受けるひーやんをガン見しておりましたよw
『ついこの間握手した人が、今は沖縄でユニフォームを着ているんだもんなぁ』と、
妙な感慨にひたりつつ(笑)。選手がじっくりと見られるキャンプは、やはりいいですね。


これは、フォーカスショップで購入したひーやんのカレンダーです。2月はキャンプの写真が中心。

昨日の宜野座は、午前中の雨の影響でグラウンドが使えず、
野手陣の練習はほとんど室内で行われていました。
毎年この時期の沖縄ってお天気が良くない印象がありますね。困ったもんだ^^;。

ひーやんのノックですが、時折笑顔も見せつつ、軽めの調整という感じ。
下半身をしっかりと使いながら、一球一球確かめるようにゴロをさばいていました。
その姿からは、自主トレ先のグアムで走り込んできたという成果が垣間見えましたよ。
鋭い打球にもさっと反応していましたし、体作りは順調に進んでいるようで一安心です。
第2クールでは、バッティング練習も見られるのかな。これも凄く楽しみ。
…で、そうこうしているうちに、開幕なんてあっという間なんだろうなぁきっと。

それでは、ちょいと画質は粗いですが、ひーやんのノックの様子をどうぞ↓



こうしてグラブを持つひーやんを見られるのが、ファンとしては嬉しいのですよ。
今シーズンは、試合の中でこういった光景をより多く見たいものです。



いわゆる『お尻フェチ』の方にはこちらを(笑)。

また昨日は、アニキが今キャンプ初のキャッチボールを行ったという、
嬉しいニュースもありました。ブルペンで12m程度の距離を57球、投げたそうです。
映像を見た限りでは、まだ投げ方にぎこちなさが残っている気がしましたが、
復活に向けて着実に歩みを進めるアニキの姿に、悲壮感はありませんでした。
アニキのブルペン入りに関する詳しい記事はこちら。

若手選手たちに目を向けてみると、
ルーキー榎田君のがっちりとした下半身にびっくりしたり、
矢野さんの背番号39を受け継いだコミーにどうしても目が行ってしまったり、
特守でヘロヘロになっている森田一成君に『もうちょっと頑張れよーっ』と、
心の中で激を飛ばしたり(笑)。それぞれに色々な発見や楽しみがあって面白いです。

あっ、それと忘れちゃいけないのが、今年新しくデビューしたマスコット、
キー太君の話題です^^。キャンプ初日から真弓監督をお出迎えしたり、
宜野座のファン1万人に名刺を配ったり、精力的に活動していましたね。
ぶっちゃけた話、最初に見た時は『絶妙に可愛くないな』って思っちゃったんですが、
動いている姿を見ると、なかなかに愛らしいマスコットでした。ごめんね、キー太^^;。


※画像はサンスポさんからお借りしました。

ちなみに、タイガースの公式サイト内のトラとラ日記というブログには、
キー太君のキャンプレポもUPされています。ほのぼのとしたいいブログですね^^。
姉のラッキーちゃんと、これからどんな絡みを見せてくれるのかも楽しみです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 20:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年 球春到来

一日遅れてしまいましたが、2011年 球春到来です。

毎年この季節に聞くキャンプインという言葉の響きが、
僕たちの眠っていた野球本能を呼び覚ましてくれるわけですよ。
やっぱり、ユニフォーム姿で練習に励む選手たちを見ていると、身が引き締まります。
選手たちにとっては、この一年をどう過ごすのか、その土台を作る大事な時間。
昨年は悔しい思いをしましたが、今年はその悔しさを絶対に晴らしましょう!
ということで、早速昨日から始まったsky-Aのキャンプリポをチェックしております。


タイガース生え抜き20年目のシーズンに挑むひーやん。今シーズンも走り続けます!

春季キャンプ初日の雰囲気ですが、
みんな笑顔が多くて、練習にも活気がある印象を受けました。

メッセやスタンといった外国人投手が捕手を座らせてブルペンに入ったり、
野手陣も、和田打撃コーチがミート率のアップを目指して用意したという、
特殊なボールでバッティング練習をしていたり。
選手たちが、それぞれの課題克服に向けて取り組んでいる様子が伝わってきました。
全体的に練習時間も長かったみたいですし、ますます期待が大きくなりますね。

肝心のひーやんは、キャンプ中継ではあまり映っていなかったです^^;。
室内での練習が主だったのかな。個人的には、ちょっと寂しかったなぁ。
ただ、ベテラン組は開幕から逆算した自分のペースで調整を進めているでしょうし、
逆に初日からバリバリやってたら、それはそれでびっくりしちゃいますしね(笑)。
焦らずに、じっくりと体を温めていって欲しいものです。

取りあえず昨日は、解説者として取材に来ていたレッドと
楽しそうに話をしているひーやんの姿が見られたので安心いたしました。
矢野さんもキャンプ取材に来ていましたが、どうしても我慢できなかったのか、
コーチのお手伝いみたいなことをしていましたね。矢野さんのそういうとこ好きですw

あっ、それと、ひーやん特集が組まれている月刊タイガース2月号も読みました。
勢いで、読む用と保存用の二冊を購入してしまいましたよ^^;。
インタビュー記事の中で特に印象的だった部分を、ここに載せておきますね。



優勝を脳裏に焼き付けたい

――これからのキャンプ、オープン戦が終わると、いよいよタイガースで迎える20回目の開幕。20回目ですが気持ちとしては毎年、開幕は新鮮な気持ちで?

「それはありますね。自分に対する期待と不安、こればっかりは、もう何年やっても変わらないですね。なれるということはないと思うし、たぶんだから練習するんでしょうね」

――2003年、2005年に優勝を経験してからもう5年遠ざかっています。そろそろ何とかしてほしいというファンがほとんどだと思うのですが、それは桧山選手自身ももちろん?

「ありますね、何とかしてね。もう5年前の優勝は忘れられつつあるような状況ですからね。小さい子供たちは、タイガースの優勝ということを知らないでしょうし、その頃に小学校ぐらいの子供たちにとっても、そんなに強く印象に残っているわけではないでしょうからね。そういう子供たちが今は中学生、高校生になっていると思うので、今度は優勝というものをしっかりと脳裏に焼き付けてもらえるようにしたいと思うし。自分自身としてももちろんそう思うしね」

――昨シーズンは、惜しいところで手が届きませんでした。

「優勝できる大チャンスだったんですけどね」

――特にチームとしての戦力、技術が足りないということはないと思いますが、あと何が必要だったと考えますか?

「難しいですけど、個々の選手であれだけの成績を残して優勝できなかったというのは、やっぱりどこかに問題があるわけだし。ということは、野球っていうのは、やっぱり団体スポーツなんだと、そう思いますね。みんなが一つになって戦えていない部分があったのかなぁ、とも考えますね。それは先発の選手だけじゃなく、控え、ベンチ、ファームと球団全部を含めてね。上とは1ゲーム差とはいっても、大きな1ゲーム差ですね。優勝するとしないとでは、雲泥の差があるし。もちろん今シーズンも、個々の力としては優勝を狙えるチャンスは間違いなくあると思うので、あとはいかにまとまっていけるか、というか…。何なんでしょうね、勝つことによって芽生えてくる団結力というのもあるだろうし、選手個々が意識して生まれてくることもあるだろうし、それは両方かもしれないですけど。やっぱり『勝つためには』っていうことをみんなが一番に考えて、みんなで助け合ってやっていきたいと、そう思います」

――もちろんファンも優勝を待ちわびていますが、桧山選手には昔から根強いファンが本当にたくさんいます。記念すべき20年目のシーズン、どういう姿、プレーを見せたいと考えていますか?

「これは毎年そうなんですけど、野球っていうのは打つだけではないので、守ったり投げたり走ったりといろんなことが重なってのスポーツなので。だからどんなシチュエーションであれ、自分がゲームに出た時には少しでもいいパフォーマンスをファンの人たちに見せられるように、とにかく頑張っていきたいと思います」


優勝を脳裏に焼き付けたい―。
05年以来、あと一歩というところで優勝を逃し続けている悔しさが、
実感として伝わってくるいい言葉だと思いました。
シーズンが終わった後に、選手もファンもみんなが笑顔でいられる結果を、
今年は期待しています。これまでの悔しさを拭い去る喜びを、脳裏に焼き付けたい。

今年のタイガースは、勝利を重ねるごとに団結していくチームであって欲しいです。
やっぱり、いくら個人個人がキャリアハイの成績を残しても、
チームが一つにならないと優勝できないことが、去年の結果ではっきりしましたからね。
ひーやんが言うように、選手たちだけではなく球団全体で一つになっていかないと。
もちろん、僕たちファンもそれは同じ。強く思って、声援にしてぶつけていきましょう。

ひーやん自身、去年は長い不振の時期があったりして、
自分のことで精一杯かもしれないのに、こうしてチームのことがしっかりと見えている。
さすが元選手会長ですよね。生え抜き20年目というキャリアの重みを感じます。

いやぁ、キャンプインの日にひーやん特集の月刊タイガースが読めるなんて、
こんなに素敵なトラライフがあっていいの?という感じでした、昨日は(笑)。
明日からもぼちぼちキャンプリポを見つつ、このブログの更新頻度も、
もう少し上げていきますね。改めて、今シーズンも『ひやまのま』をよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2011 | 12:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「桧山進次郎 壮行会2011」レポ(4)

『桧山進次郎 壮行会2011』レポの第4弾です。
プロ野球もいよいよキャンプイン。世間が『球春到来!』と盛り上がっている中、
うちはマイペースにやっていきますよ(笑)。

壮行会では、最後にひーやんとの記念写真撮影&握手会が行われました。
記念写真は、各テーブルごとに10人くらいでひーやんを囲んで撮りました。
なんとワタクシ、ひーやんの右隣という絶好のポジションをゲットしまして^^;。
もう緊張で、がっちがちに固まってしまいましたわ。
本当に真横だったので、ひーやんの顔の毛穴まで見えちゃいましたし(笑)。
写真は後日発送されるんですが、自分がどんな顔をしてるのか、見るのが怖いですw

その後、一人ひとり丁寧に握手に応じていたひーやん。
もちろん僕も、握手していただきました。目の前で見るひーやんは、
思っていたよりもずっと大きくて、カッコ良かったですね(´∀`)

壮行会は、これにて終了。あっという間の2時間半でした。
フォーカスライトのスタッフの皆さま、ゲストの皆さま、そしてひーやん。
楽しい会を本当にありがとうございました。今年も頑張ってください。応援しています。

それでは最後に、会場でいただいたグッズの写真などを一気に紹介していきますね。



まずは、参加者全員に配られたグッズから。
上の写真は、そのグッズが入っていた紙袋のSJRマークなんですが、
ブランド品のようなお洒落な雰囲気にテンション上がっちゃいました(笑)。



一番『おぉ!』と思ったのが、この写真パネルです。
サインは印刷なんですが、一人ひとり写真の種類が違っていたようで、
周りのファンの方々と見せ合いしたりするのが楽しかったなぁ。
黒ユニのパネルが当たっていた方もいて、ちょっと羨ましかったかな^^;。
早速部屋に飾ってみました。なかなかいい感じでしょ^^。



こんなフラッグも入っていました。最初に見た時は、
『これ何に使ったらええのん?』って、戸惑うしかなかったんですけど(笑)、
みんなでこれを振って、入場するひーやんを迎えようということなのでした。
このフラッグも、何種類かデザインのパターンがあったみたいですね。



お次は、ひーやんの写真入りメモパッド。
非常にかっこいいのですが、勿体無くてとても使えませんわ(;´∀`)



これは、フォーカスショップで購入したロゴマーク入りのネックウォーマー。
今のところ、この壮行会でしか買えない限定品(¥1800)だそうです。
デザインもシンプルでかっこいいですし、フリースの生地がぬくぬくでいい感じ。
最近は、これを首に巻いて出掛けるのが楽しかったり^^;。



このような缶バッジも購入してみました。なかなかお洒落なデザインです。
これ、一つ200円のガチャガチャでしか買えないので、
どのデザインのバッジが当たるかは全く分からないんですよね。
だから、欲しい絵柄が出るまでついつい買ってしまうんですけども^^;。
最初は2つくらいで止めておこうと思ったんですが、結局4つも買ってしまい…



4つ目にひーやんの直筆サイン入りキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!
ごく稀に入っていることは知ってましたけど、まさか本当に当たっちゃうとは。
僕が初めて手に入れたひーやんのサインですわ。宝物にします(´∀`)



ここからはディナーの写真などを。まずは前菜。
こういうホテルのディナーなんて滅多に食べる機会が無い僕は、
自然と姿勢が良くなっちゃってました(笑)。



続いてスープ。クリームシチューっぽいスープに白身魚がどーんと。
この次にメインと和食という流れだったんですが、
ひーやんのトークに夢中で、写真を撮るのをすっかり忘れていまして^^;。
一応説明いたしますと、メインは牛肉のステーキやハッシュポテト、ブロッコリーなどを、
バイキング形式で取り分けるという感じでした。めちゃ美味しかったです^^。
和食は、小さめのお椀に入ったかわいいちらし寿司でした。



最後はデザート。バニラアイスや抹茶ケーキにホイップクリームをつけて食べました。
ドリンクは、ウーロン茶やオレンジジュース、ジンジャエールなど。
ビールも用意されていました。僕は、ただひたすらウーロン茶を飲んでいましたがw

ディナーは全体的にとても美味しかったです。
ただ、トークショーとディナーが同時進行だったので、ややバタバタした感はありました。
不満と言うほどのことでもないんですが、もう少しゆったり時間が取れればなぁと。
イベントの進行そのものは、とてもスムーズで気持ちよく楽しむことができました^^。

4回にわたって更新してきた壮行会レポは、ここで一旦終了します。
イベントの流れや会場内の雰囲気が、少しでも皆さんに伝わっていたら嬉しいです。
それでは、最後にひーやんのお茶目な写真をもう一枚貼り付けておきますね。


この画像は、おくにさんからの頂き物です。素敵なお写真ありがとうございます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| 番組・イベント・レポ | 18:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。