一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アニキの記憶

この時期になると毎年感じることではありますが、
あと1週間あまりでキャンプインとは、本当に1年なんてあっという間ですね。
今年は3月にWBCがあり、例年以上に慌しい春季キャンプになりそうです。
ルーキーの藤浪君や北條君の動向が楽しみなタイガース以外にも、
昨日発表された大型トレードで糸井嘉男選手を獲得したバファローズや、
元ドラゴンズのブランコ、ソトを獲得し大型補強に成功したベイスターズなど、
昨年とはガラリとメンバーが変わったチームも多いので余計に楽しみですね。

その楽しみと同時に、これまでに無かった寂しさも、
今年のキャンプインではきっと感じることになると思います。
僕にとって2013年は、アニキのいない初めてのシーズンになるからです。

昨シーズン、現地で観戦した試合の中で僕が最も純粋に楽しかったのは、
10月9日、アニキの引退試合でした。満員の甲子園球場、5万人の観衆が
皆同じ気持ちでグラウンドを見つめ声を枯らしていたあの空間と時間は、
プロ野球を球場で観戦することの意味と素晴らしさを思い起こさせてくれました。
タイガースの試合を甲子園で観始めた頃、球場へ着くたびにワクワクしていた
あの頃の感覚が、アニキの最後の勇姿を見ながらよみがえってきたんですよね。
僕にとって、アニキは間違いなく“ミスタータイガース”です。



昨年末に発売されたアニキの引退記念DVDを見ていると、
『あぁ、アニキのいないシーズンがいよいよ始まってしまうんだな』と
少し後ろ向きな気持ちになってしまいました。それだけ大きな存在だったんですね。

引退試合の最後のスピーチでは、苦しい時にも温かい声援を送り続けてくれた
ファンへの感謝を口にしていたアニキですが、きっとそれだけではないと思います。
特に2010年以降、右肩を負傷してからのアニキへの野次は凄まじかった。
手のひら返しとはまさにこのことを言うんだなと、僕は怖くなりました。
今だから言えますが、球場でちょっとした言い合いをしてしまったこともあり…
球場でただ応援しているだけの僕ですら屈辱的な思いをしたのに、
そんな野次を背にグラウンドに立ち続けていたアニキの心境を考えると、
『こんなに苦しい人生あるんかな』という一言にとてつもない重みを感じましたよ。

それでも最後は、ベイスターズの選手たちと中畑監督へのメッセージも交え(笑)、
涙よりも笑顔でいっぱいの引退試合を見せてくれたアニキは本当に器が大きくて、
自分もこんなかっこいい大人になりたいと心底思ったものです。

引退試合のウイニングボールをアニキ自身がキャッチしたシーンは、
DVDのジャケットにもなっていますが何度見ても清々しいですね。
2005年の優勝を決めたシーンを思い出しましたが、ボールをキャッチしてすぐに
客席のほうを振り返ってくれたのが、ファンとして本当に嬉しかったです。

タイガースを真の戦う集団に変えてくれたアニキが引退したことで、
戦力的にはもちろん、若い選手たちに睨みを利かすリーダー的存在を失ったことが
チームにとっては一番の痛手かなと思いますね。
残された選手には、『アニキがいなくなってタイガースはますます弱くなった』
と言われないようにしてもらいたいものですが、どんな状況になっても
それは少なからず感じることになるのでしょうね。アニキが残した実績と、
その背中から伝わってきた凄みは、『存在感』の一言では片付けられませんから。



阪急西宮ガーデンズのHMVに展示されたアニキのサイン入りユニフォームです。
これからこの背番号6を受け継ぐ選手がタイガースから出てくるのかどうかも、
ファンの注目すべきポイントですね。間違っても新外国人選手や、
移籍してきてすぐの馴染みのない選手には簡単にあげないで欲しいですね。
いっそのこと和田監督がまた6番背負っちゃえばいいのにと思わなくも…(笑)。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

| Tigers2013 | 17:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明るく、前向きに、楽しく

あけましておめでとうございます。
本年も、『HIYAMA NO MA(ひやまのま)』をよろしくお願いいたします。

昨年は更新回数がわずか3回と、もはや何のために続けているんだと
お叱りを受けそうな当ブログですが、今年は何とか5回以上は更新します(笑)。
…というのは冗談として、更新が減ってしまった理由の一つにはやはり、
昨シーズンのタイガースに明るい話題が非常に少なかったということがあります。
個人的に最もショックだった出来事は、“アニキ”こと金本選手の現役引退ですが、
その他にもこれまでの強いタイガースを支えてきた数多くの選手たちが、
チームを去っていきました。10年近くタイガースを応援してきた中で、
これほど寂しい思いをしたシーズンというのは初めてだったかもしれません。

そういうこともあり、タイガースを応援するテンションがいまひとつ
上がらなかったというのが正直なところなんですよね。
一緒に観戦に行く友達と話していても、Twitterのタイムラインを見ても、
どうしてもネガディブな話題ばかりが先行してしまって…
改めて、タイガースには強く魅力的なチームであって欲しいと感じました。
そして僕たち応援する側の人間は、常に明るく、前向きに、楽しく。
今年は何でも“楽しむこと”を自分の中のひとつのテーマにしていきます。

それでは、今更ですが昨年行われたひーやんの契約更改後の記者会見を、
公式サイトから抜粋しておきますね。



桧山進次郎選手が契約更改(阪神タイガース公式サイト)

―サインはされましたか?

桧山:はい、しました。

―球団とはどのような話をされましたか?

桧山:前もって何回か話をしていましたし、今年は弱かったの一言ですし、ジャイアンツをあれだけ独走させたのもうち(タイガース)の対戦成績が悪かったのが要因です。来年はなんとか巻き返していかないと厳しいですね。

―桧山選手から球団に何かご提案はされましたか?

桧山:かねもっちゃん(金本氏)やジョー(城島氏)もユニフォームを脱ぎましたし、自分自身もさみしい気持ちがありますが、残されたメンバーが頑張っていかないとこのままではタイガースのユニフォームを汚してしまいますね。やはり伝統のあるチームですし、このままでは野球人気も危ういと思いますし、全国にタイガースファンは多いので、来年はなんとか景気のいい話を日本中にもたらしたいと思いますね。

―来季、チーム最年長になりますが、どのようにチームへ貢献していきたいと考えていますか?

桧山:やはりチームが勝つことが一番なので、勝つために自分がどれだけ貢献できるかというのを重点的に考えています。今まではかねもっちゃんに任すこともありましたし、かねもっちゃんがぼくに任す部分がちょっとあったと思います。来季はそういったこともできないので、関本や鳥谷と一緒に自分自身もチームを引っ張っていけるようにしたいです。

―今年を振り返って、いかがでしたか?

桧山:ケガから復帰して、開幕から夏場までうまくいっていましたが、チームの成績と共に自分の成績も下降してきましたので、なんとかその時に自分が成績を残していればこういう結果にならなかったのではないかと思っています。責任を感じています。

―来季のチームとしての目標を教えてください。

桧山:もう優勝しかないです!


これまで強いタイガースを背中で引っ張ってきたアニキが引退したことで、
チームの中でひーやんが背負うべき役割と責任はますます大きくなりましたね。
試合で成績を残しながら、野球に対する姿勢や言葉で後輩を引っ張っていく。
広い視野が求められると共に、アスリートとして高いレベルを維持していくのは、
並大抵のことではないでしょうが、ひーやんなら必ずやってくれると信じています。
今回抜粋したひーやんの記者会見の中で、

『このままではタイガースのユニフォームを汚してしまう』

という一言がありました。タイガースの一員であることに誇りを持っていないと、
この言葉は出てこないと思うんですよね。ひーやんの決意を、僕も後押ししたいです。
年齢的にもひーやんにとって最後のシーズンになる可能性は否定出来ませんから、
『今年こそ優勝を…』という思いは、個人的にはこれまで以上に強いです。
昨年までの溜まりに溜まった鬱憤を晴らせるシーズンにしましょう!


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2013 | 10:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。