一振りにかける男・桧山進次郎選手応援ブログ - ひやまのま

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012年の阪神タイガース

約半年ぶりの更新になってしまいましたが、何とか生きてますw

2012年のシーズンもいよいよ残り34試合。年を重ねる毎に、
1シーズンの過ぎていくスピードがぐんぐん上がっているように感じますが、
これは気のせいということでよろしいのでしょうか(笑)。

さて、8月25日の時点で借金18のセ・リーグ5位と低迷する和田阪神ですよ。
正直言って、これほど酷い状況に陥るとは誰も予想していなかったのでは…?
開幕前はジャイアンツと並ぶ優勝候補の筆頭だったわけですからね。
僕も京セラドームで和田阪神の初勝利を見届けて、『今年はいける!』と、
何の根拠もないまま優勝を確信していました。が、そういう時って大抵ダメですね。
野球以外でも大体そうですもん。ちょっと不安を抱えているくらいが丁度いい。
これまでタイガースには毎年のように優勝争いを見せてきてもらって、
たまにはこういう年もあるよね。というのが、今年の阪神への率直な感想です。

…ただひとつ不満があるとすれば、試合が面白くない!これなんです。
一貫性の無い采配に、毎試合変わり映えのしないスターティングオーダー。
最近でこそ少しマシになってきましたが、7月~8月初旬辺りまでは本当に酷かった。
目的も見えぬまま、淡々と試合が消化されていく様は見ていて辛かったですよ。

元気いっぱいの新井良太が4番に据わり、上本君や大和といった
フレッシュなメンバーが躍動する今は、試合内容も少しずつ変わってきて、
勝ち負け云々よりもその変化が楽しい。チーム自体がそういう段階なんですね。
選手の年齢や実績に関係なく、その時点でベストな選択をベンチがしていくことで、
チーム全体のレベルが上がり、尚且つ新陳代謝も進んでいくのではないでしょうか。
今、一軍で活躍している若手は、決して試合に『出してもらっている』わけではなく、
実力でチャンスを掴んだ、あるいは掴みかけている頼もしい選手たちです。
彼らこそが、和田阪神にとっての『スパイス』になり得ると僕は感じています。

そして、ひーやんやアニキのような経験豊富なベテランがしっかりと脇を固める…
チームとして理想的な形が出来上がりそうなのに、上手くいかないのはなぜw



今シーズンから一新されたユニフォーム、結局まだ2、3回しか着てません。
タイガースには似つかわしくない現代風なデザイン。甲子園で着るのが
ちょっと照れ臭かったりして(笑)。かっこいいんですけどね。

ひーやんは今年も代打の切り札として、八木さんの代打打点記録98に並ぶなど、
活躍を見せてくれていますね。交流戦では1度ライトでスタメン出場の機会も
ありました。あの時はもう、急いで家に帰ってテレビ中継に釘付けでしたよw
一番印象に残っているのは、東京Dの巨人戦で山口投手から打った同点タイムリー。
ああいう渋い活躍を見るたびに、この人のファンで良かったなと思います。

まだ完全復活とはいきませんが、気が向いたらまた更新しますね。それでは。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

| Tigers2012 | 16:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012年 球春到来

プロ野球ファンの皆様、あけましておめでとうございます!

前回の更新から早1ヶ月が経過し、トップにスポンサー広告が表示されていたため、
今、大慌てでこの記事を書いています(笑)。更新頻度をあげると宣言しておきながら、
このような状況が続き本当に申し訳ありません。ただ、ネタは溜まっておりまして…
今年も参加させていただきました、桧山進次郎壮行会。昨年と同じように、
ひーやんに直接『頑張ってください』と声をかけることができ、ただただ感激でした。
レポのほうもぼちぼち進めていこうと思っているので、楽しみにお待ちくださいませ。
そして先月の28日に放送が再開された虎バンでは、ひーやんのグアムでの自主トレが
クローズアップされていました。こちらのほうも、なるべく早く記事を書きますね。


今年の壮行会でいただいた応援用フラッグです。甲子園で振ったらテレビに映るでしょうか(笑)。

最後に、今シーズンから一新されたユニフォームに一言物申したいわけですが、
時間が無いので今日はひとまずこの辺で。このオフは、個人的にとても長く感じました。
昨シーズンの、悔しさとはまた違った妙なモヤモヤ、虚脱感を引きずりながら、
プロ野球の試合が見られない日常に寂しさを感じて…。でも、それも今日で終わりです。
和田新監督の下、『今年は熱いシーズンにする』と口を揃えるタイガースの選手たち。
今キャンプは、彼らの表情やリーダーシップのとり方に注目していきたいと思います。
まずは南国の地・沖縄宜野座で熱い熱いキャンプを!

ちなみにひーやんは、左鎖骨骨折の影響で別メニューでの調整が続くようですね。
ただ、この間の壮行会でも、回復は順調で開幕には必ず間に合うと話していたので、
焦らずに自分のペースでいいキャンプを過ごしてほしいと思います。
新しいユニフォームを着たひーやんの姿を、早くこの目で確認したいなぁ。
今年は、僕も例年以上に熱い気持ちでsky-Aのキャンプリポートを見まくります(笑)。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2012 | 01:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Go for the Top!

あけましておめでとうございます。
本年も、『HIYAMA NO MA(ひやまのま)』をよろしくお願いいたします。

昨年は記事の更新がほとんど進まず、何度も訪問してくださっていた方には
大変ご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ありませんでした。
今年は観戦数も増やしつつ、もう少し更新頻度をあげていきたいと思っています。
気付けば、キャンプインまで残り1ヶ月。7年ぶりのリーグ優勝、そして日本一に向けて、
熱い戦いを見せてくれるであろう新生和田阪神を、僕たちも熱く応援していきましょう!



桧舞台で購入したひーやんカレンダーも早速2012年バージョンに。
今年43歳になるプロ野球選手とは思えない、若々しいキメ顔をご覧くださいませ(笑)。

さて今日は、昨年の12月28日に行われたひーやんの契約更改について少しだけ。

契約更改はシーズンオフの話題の中心ですが、個人的には、プロ野球選手の年俸が
いくらかというところにはあまり興味がわかないんですよね。年俸の額よりも、
マスコミ向けの会見で選手たちがどういうコメントを残すのか、そこに注目しています。
それぞれの選手が、自分自身の働きを客観視した上で本音を語ってくれるので、
プロの考え方を直に知ることができて面白いんです。タイガースにはひーやんをはじめ、
比較的真面目で自分の意見をしっかりと主張できる選手が多い印象がありますね。
それでは、ひーやんが契約更改終了後に行った会見を公式サイトから引用しますね。

桧山進次郎選手が契約更改(阪神タイガース公式サイト)

―サインはされましたか?

桧山:はい、しました。

―満足のいった契約になりましたか?

桧山:現状維持です。

―今年の桧山選手の働きに対して、球団の評価はいかがでしたか?

桧山:十分評価していただきましたが、4位というチームの成績を考えると、選手も言いたいことは言えてもチームとしては優勝を逃しているし、ましてはBクラスという成績を考えるとこんなもんじゃないかなと思います。

―代打の神様として、代打ホームラン球団新記録、代打打点の記録も更新し、結果を残していると思いますが?

桧山:どうですかね、球団からも祝福の言葉は頂いています。自分自身としては記録が塗り替えられたことは嬉しいことです。自分個人だけで喜べるものと、チームで喜べるものの大きさは全く違うものなので、最後には優勝したかったなというのが一番です。

―桧山選手自身としては、金額アップを考えていなかったですか?

桧山:誰もがみなアップしたいのは正直な気持ちですが、こればかりは契約なので、お互い話し合いのもとでハンコを押すものなので。

―桧山選手から球団に要望されたことはありますか?

桧山:今日、契約の時に話したことは特にないです。シーズン中に気付いた点は話し合いをしたりしていました。そういう点では、数年前と今とでは違うなという気がします。

―スッキリされた表情に見えますが?

桧山:そうですね、契約したからには来年頑張らないといけないなという気持ちです。

―怪我の事が心配ですが、現状いかがですか?

桧山:皆さんにご心配をお掛けしてすみません。今は日常生活には問題ないです。プロ野球選手として野球できる体をつくっていかなくてはいけないなと。あとは時間との勝負で、ゆっくりリハビリをしながら、野球選手としてユニフォームを着て開幕を迎えたいと思います。

―開幕ということは、2月1日にこだわられているわけではないですか?

桧山:それが、一番ベストでしょうが、あまり急ぎすぎると、ぶり返す可能性もあるので、ゆっくりと丁寧にやっていきたいです。

―ファンの皆様に一言お願いします。

桧山:タイガースファンの皆さんの期待を裏切った1年でしたが、来年は大いに期待してもらって、自分自身もチームの優勝に貢献できるように頑張っていきたいと思います。みなさん良いお年を。


『自分個人だけで喜べるものと、チームで喜べるものの大きさは全く違う』
これが、昨年のタイガースを象徴するような一言だと感じました。一人ひとりが
好成績を残しても、チームとして結果を残すことが出来なければ喜びは得られない。
ひーやんも含めて、シーズン終了後のタイガースの主力選手のコメントを見ていると、
『このチームで何としても優勝したいんだ』という気持ちが本当によく伝わってきます。
2010年、11年と、優勝まであと一歩というところまで駒を進めながら、最終的には
チームとしてのまとまりを欠き失速してしまった。その悔しさがいかに大きかったか。
今年は『熱くなれ!』のスローガンの下、一つになったタイガースが見られそうですね。

また、『シーズン中に気付いた点は話し合いをしたりしていました。そういう点では、
数年前と今とでは違うなという気がします』というところも気になりました。
今は現場と球団フロントとの意思疎通が上手くいっているんですね。ひーやんには、
そういった部分での橋渡し役も任されていると。選手も首脳陣もフロントも、
みんなが同じ方向を向いていないと円滑なコミュニケーションは取れないと思います。

プロ野球の球団が一つにまとまって戦うことは、多分僕たちが思っているよりも
何倍も難しいことなんでしょうね。選手たちは、みんながプロでありライバルです。
若手はレギュラー争いに勝ち残るために、中堅は自身の更なるレベルアップのために、
そしてベテランは1年1年が生き残りをかけた勝負。少しでも長く現役を続けるために。
それぞれが、自分の役割をこなしていく中で、いかにチームのことを考えられるか。
今年のタイガースに課せられた宿題はとても重たいですが、決して不可能ではない、
むしろ、今年は必ずやってくれるだろうという確信めいた気持ちが僕にはあります。

ひーやんの怪我の状態も日に日に良くなってきているとのことで一安心。
ゆっくりとリハビリを進めて、ベストな状態でキャンプインを迎えて欲しいですね。
今年も、24番のユニフォームで甲子園はもちろん、各地の球場へ応援に行きます。
月末に発表される新しいユニがどうかヘンテコなデザインじゃありませんように(笑)。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
ランキング下降中なので、よろしければワンクリックお願いします。

| Tigers2012 | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。